ホチキスの針を心地よくはずせるおすすめ文具「はりトルPRO」

はりトルPROというアイテムを知っている?

はりトルPROというアイテムを知っている?

だれの机にも1つはあるホチキス。何枚もある書類をしっかりと綴じてくれるファイリングの道具としてデスクワークには欠かせない存在だ。でも、たまには綴じた針をはずさなくてはならない時もある。これが結構やっかいなものだ。

一応、ホチキスの後ろ側には、へラ状のリムーバーがあるが、これを使ったことがある方なら、ご存知だと思うが、勢いよくはずしたりすると、はずれた針がはるか彼方へと飛んでいってしまうなんてこともある。また、急いでいる時などは、手ではずしたりすることもあるが、このはずし方は結構危ない。女性の方なら大切な爪にキズをつけかねない。慎重にはずさないと大切な書類が破れてしまうので、とても気を使う作業だ。そんな厄介な針はずしをスマートにこなしてくれる優れものがある。

質実剛健なフォルムにも好感が持てる

はりトルPRO
ハンドルのドットマークがデザインと握りやすさに貢献している
「はりトルPRO」という、そのものズバリの分かりやすいネーミング。ボディ全体がスチールで出来ていて、いかにも頑丈そうなボディ。日本の文具には珍しく、よくありがちな商品名やメーカー名といった装飾が一切見られない質実剛健なつくりになっている。

そんな中で唯一デザインのポイントになっているのは、ハンドル部分のドットマークくらいだ。デザインしていないデザインという感じで、その潔さがとても好感がもてる。
 

誰もが魅了される、はずし心地

シンプルな作りゆえに、使い方もとても簡単。まず、はりトルPROの先端をはずしたいホチキスの針にくぐらせる。このとき、根元までしっかりとくぐらせるのが重要。そして、ひと呼吸をおいてハンドルをギュッと握り締める。すると、これまであんなに苦労していたのが、うその様に簡単にはずれてしまう。紙を見てみても、穴は空いているものの、ほとんど痛みはなく、きれいにはずすことができている。

はりトルPRO はりトルPRO
1. はずしたい針の下をくぐらせる
2.ハンドルをギュっと握る

 

はりトルPRO
3.すると、針は折れ曲がって、
紙からはずれる

いとも簡単にはずれてしまうその原理はこんな感じだ。ブリッジ状になっている針の下側を固定しながら、上から押さえつける。そうすると、針は真ん中から折れて、紙の裏側に綴じこまれている針の足が浮き上がってくるという仕掛け。文章で説明すると、なんもともややこしいので、ここは写真をとくとご覧いただきたい。

無事にはずれた針は、以前のようにはるか彼方へ飛んでいくということはなく、はりトルPROの先端にしっかりとしがみついている。これなら、机の周りの同僚たちに迷惑をかけることもなさそうだ。

 

はりトルPRO
はずれた針は、先端にしっかりととどまっている

このはずし心地が、実に気持ちいい。私はこのはずし心地にすっかりと魅了されてしまい、机の上の書類を手当たり次第はずしてしまいたい衝動を抑えるのが大変だった。
はりトルPRO
はずした針は、M字型に折れ曲がってる



ホチキスの間違いが気にならなくなる

はりトルPRO
 
このホチキスの針はずしは、間違った時に使うものだ。基本的には、間違いは少ない方がいいのだが、このはりトルPROを使うようになってからというもの、はずすべき書類を見つけると、ひそかにうれしくなってしまう。

失敗や間違いが気にならなくなる素敵な文具である。しかも、380円(税抜)とお手頃価格なので、一家に一台ならぬ、一机に一個を備えておくといいと思う。

はりトルPRO
サンスター文具 はりトルPRO
価格:¥380 (税抜)

<関連リンク>
サンスター文具のサイト
「綴じる道具にもこだわる」文房具の記事はこちら!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。