モンブラン マイスターシュテュック146とチェックシャツ
もう春ですね。暖かくなってきました。これからの季節、スーツの上着を脱いでYシャツ姿になることも多くなると思います。
ところで皆さん、Yシャツの胸ポケットには何を入れていますか?私のまわりの人たちを見回してみると、携帯電話、タバコ、定期入れなどを入れている人たちが多くいました。そんな中、意外に多かったのが何も入れない派の方々。
せっかくのポケットなので有効活用したいもの。今回はお気に入りのペンをさして楽しみませんか、というご提案です。ペンは書く道具であると同時に、ちょっとしたアクセサリー感覚としても使えます。胸元を格好よく見せるペンやペンとシャツの組み合わせの方法をご紹介していきます。

ポケットにさして引き立つペンとは?

今回、私が推奨したいのが、ポケットにペンを1本だけさすというスタイル。ポケットに、あんまりたくさんのペンをさすと、その重みでポケットがだらっとしてしまい、あんまり格好のよいものではありません。では、どのような点に注意してペンを選べばよいかといいますと、ペンのデザインを抑えておく必要があります。ペンの第一印象は、クリップとトップ部分によってある程度決まると言っていいと思います。特にポケットにさすと、その部分しか見えません。そこで、まずクリップとトップ部分のデザインに注意してペンを選んでみるということからはじめてみましょう。

まず、クリップが個性的なペンとして取り上げたいのが、ラミーサファリとロットリングコア。2本ともワイヤーを巧みにまげたちょっと変わった形のクリップをしています。ポケットにさしてみると、そのワイヤークリップが程よく露出され、ユニークな印象を与えてくれます。ワイヤークリップ越しにトップ部分がよく見えるというのもこのタイプの特徴です。

ラミーサファリ
■ラミーサファリ 万年筆 3,675円
 ブラックのワイヤークリップが個性的です。
ロットリングコア
■ロットリング コア 水性ボールペン 5,040円
こちらもしっかりとしたワイヤークリップが特徴的です。

次に取り上げたいのが、ラミーエナジーというペンです。このクリップが驚くほど小さい。ふつうのクリップの半分もないくらいです。クリップというよりもまるで何かのスイッチのように見えてしまうコミカルなスタイル。クリップが小さければ目立たないかと言うと、そうとも限りません。ユニークな形とカラフルカラーリングにより、存在感は十分。
ラミーエナジー
■ラミーエナジー 2,310円
 このスイッチのようなクリップがポケットから
 ちょこっと顔を出している姿はとても楽しい。
 小さいながらアクセント効果は抜群。

インパクトのある形やデザインのクリップだけが良いということでもありません。スリムなクリップでも胸元を演出することはできます。手帳用に開発されたラミースピリットやスリムなデザインが特徴的なトンボZoom707はその代表的なペンと言えるでしょう。遠慮がちに顔をだす細身のクリップはとても意外性があり、さりげない自己主張ができます。個人的にとても気に入っているやり方です。

ラミー スピリッツ
■ラミー スピリット 6,300円 
 手帳用に開発されたペンながら存在感はばっちり。

トンボデザインコレクションZoom707
■トンボ デザインコレクション Zoom707 1,575円
 ペンとは思えないとてもスリムなペン。
 クリップに付いた赤のボールがアクセント
 になっています。


クリップには各ブランドのアイデンティティとなる独自のデザインが施されていることが多くあります。その代表がペリカンとパーカー。ペリカンのクリップはまさにペリカンをモチーフに、パーカーは矢羽根のスタイルをしています。ポケットからこうした特長あるクリップが見えているというのもいいと思います。

ペリカン トラディショナル
■ペリカン トラディショナル万年筆150 8,400円
 実はクリップが鳥のペリカンになっているのです。

パーカー
■パーカー
 矢羽根のクリップはシャープな印象があります。


ポケットから出ているのはクリップだけではありません。ペンのトップ部分もちょこっと顔を出します。そのトップ部分という点で選びたいのが、前回の記事でも紹介したモンブランのスターウォーカーです。透明な中に浮かびあがるホワイトスターはアクセントとしては十分すぎるくらいのインパクトとなります。

モンブラン スターウォーカー
■モンブラン スターウォーカー 32,000円~
 トレードマークのホワイトスターが透明トップパーツの
 中で優雅に浮かんでいます。


このように、ペンのクリップとトップ部分ということだけとってみても、これだけのバリエーションがあります。手持ちのペンのクリップなどを改めて見て、いろいろと試してみてください。

次のページでは、シャツとペンの色のコーディネート方法をご紹介します。