ツバメノート
ツバメノート 大学ノート

おそらく誰もが一度は使ったことのあると思う大学ノート。毛が織り込まれたグレーの落ち着いた表紙。とても懐かしさを誘うノートだ。この大学ノートを古くから専門に作っているメーカーの1つにツバメノートがある。

ノートづくりのあくなきこだわりが、つい先ごろかのコンランショップのバイヤーの目にとまり、取り扱いが決まったという。パリ、ロンドン、ニューヨークといった海外のショップで販売されるという。

そんな本国のコンランも認めるツバメノートの魅力やこだわりを、浅草にあるツバメノート本社にお訪ねして、専務取締役の渡邉様に色々とお聞かせいただいた。

ツバメノート
昔からほとんど変わっていないデザイン
長い年月を経てきたものにしかい表せない重みがある



意外なきっかけから生まれたツバメノートの社名

ツバメノートの前身、渡邉初三郎商店は昭和11年に創業した。当初は文具卸として事業をスタートさせたのだが、もはやこれからは卸の時代ではない、オリジナルの商品を作っていかなければと考えていたという。そこで、せっかく作るのなら多くの人に使ってもらえるものがいいだろうということで、ノートを作ることにした。創業から10年後の昭和21年にノートメーカーとして再スタートを切ったのだった。

ツバメノート
トレードマークは朝日の中を飛んでいるツバメ
品番に使われている「W」と「H」は創業者渡邉初三郎のイニシャル

ノートを作り始めるも、社名はまだ渡邉初三郎商店だった。現在の社名であるツバメノートに変わるのには、あるユニークなことがきっかけになった。当時、社員に燕(つばめ)さんという名前の営業担当の社員がいた。その方がお客様から大変慕われていて、よくお客さんから「燕さん」「燕さんのノート」と親しみを込めて呼ばれていた。それを知った当時の社長が、そんなにお客様に親しまれているのならと、社名をツバメノートにしようと決めたそうだ。創業者の名前を社名にするというのは、よく聞く話だが、社員の名前が社名になったというのは、これはかなり珍しいケースだと思う。

>>次のページでは、ツバメノートの紙へのこだわりをご紹介