文房具好きの愛読書「趣味の文具箱」。その編集部が文具好き、とりわけ万年筆好きが喜ぶ上質なノート&手帳を作り出した。

SORA

高級ノート、手帳 「SORA(ソラ)」。
手帳:ハードカバー 各3,780円。ソフトカバー各2,625円。
ノート:ハードカバー 各3,045円。ソフトカバー各2,205円。
サイズは全てA5。
 


存在感のある紙

「 SORA (ソラ)」と名付けられた今回のシリーズ。最大の特徴は、中の紙に「バンクペーパー」が使われているところ。「バンクペーパー」とは、その名のとおり、もともとは銀行の帳簿などのために作られた専門用紙。銀行は仕事柄、大変重要な情報を書き記すことが多く、そのため高い保存性や何度めくっても耐えられる丈夫な紙が求められてきた。そうしたニーズで作られたのが「バンクペーパー」だ。

「SORA」の表紙を開き中の紙を一枚、親指と人差し指の間に挟み、その感触を味わってみる。すると、すぐにこれはいつも使ってる紙とは違うぞ、ということが「一目」ならぬ「ひと触り」でわかる。厚み、そしてハリというものが一枚の紙だけでも十分に伝わってくる。

SORA

厚み、そしてコシのある紙、「バンクペーパー」


今度は、手のひらを紙の表面にあてて滑らせてみた。基本的には滑らかさがある。しかしながら、滑らかと言ってもいわゆるツルツルといったものとはちょっと違う。滑らかさの中にも何か主張してくるものがある。目ではなかなか確認できない紙の繊維というものが指先から伝わってくるようだ。この微妙な質感は万年筆で書いた時にも味わえる。

SORA

滑らかさの中にも、存在感のある紙質

SORA

「THREE DIAMONDS(三菱)」の透かしが入っている


ペリカン M 800の太字( B )で書いてみると、太字ならではの滑らかさはあるものの「書き応え」みたいな感触が手の中にしっかりと残る。質感、書き心地ともに存在感のある紙だ。

SORA

さすがバンクペーパー、万年筆との相性は抜群。
ただし、罫線は水性インクではないようで、罫線の部分だけは万年筆のインクがはじかれてしまう。