選ぶのが楽しいラインナップ

今回の「SORA」シリーズでは、ハードカバー、ソフトカバーそして表紙のカラー、さらには紙面構成で10種類ものラインナップが用意されている。ハードカバーは、まさに本のようにガッシリとした作りこみ。きつめにとめられたゴムバンドが付いている。表紙の色とゴムの色を変えているのがクラシカルな中にもモダンさがあっていい。

SORA

布張りのハードカバータイプ。
188ページの割にノートの仕上がりとしては厚い。これもバンクペーパーならではだ。

 

ソフトカバーの方は、まるで画用紙のような凹凸感のある紙が使われている。角は丸く仕上げられており、優しい雰囲気がある。

SORA

表情豊かなソフトカバータイプ

SORA

角を丸く仕上げ、表紙には画用紙のような凹凸がある


ノートの紙面は7mm横罫線、5mm方眼、無地の三種類。横罫線と方眼には冒頭にインデックスページがあり、続く本文ページには1ページずつ全てにページ番号が印刷されている。188ページあり、インデックスと本文ページがしっかりと対応している。各ページ番号は本のように紙面の下側にある。ノートによくあるタイトル欄もページと同様下側に付いている。パラパラとめくる時、ページとタイトルが一緒に見えてくるので、これはなかなか便利。

SORA

ノートの紙面は、7mm罫線、5mm方眼、そして無地の3種類。
無地タイプだけはインデックスならびにページ番号もなく、ただただ真っ白

SORA

横罫線、方眼ノートだけには、巻頭にインデックスページ