万年筆のメンテナンス 手入れ
入学祝いや社会人になった時などに万年筆をプレゼントされ、はじめのうちは使っていたけれど、いつしか使うことも少なくなり、引き出しの肥やしになっているという方は意外に多いのではないでしょうか。そうした万年筆を久しぶりに取り出してインクを入れてみても書けない。。。そんな時もあわてずに済む簡単にできるメンテナンスをご紹介します。
せっかくの万年筆ですから、大切に末永く使ってみたいものです。


万年筆は定期的なメンテナンスが必要

万年筆は、文字どおりインクさえ入れ続ければ末永く使える筆記具です。ただし、末永く使うためには、これからご紹介するメンテナンスが必要です。面倒くさいと思わずに、万年筆ならではの作業ですので、ぜひ楽しんでやってみてください。メンテナンスをして書き味が良くなると、よりいっそう愛着が増していきますよ。

ひとくちに万年筆といいましても、インクの入れ方によって大きく2種類に分類できます。1つ目は、ボトルに入ったインクを吸い上げるタイプ。これは吸入式とコンバータ式があります。もう1つは、インクの入ったカプセル状のカートリッジを交換して使うタイプです。これはカートリッジ式といいます。それぞれでメンテナンスの方法が違ってきます。お持ちの万年筆が、まずどちらのタイプなのかを確認してみてください。中には、コンバータとカートリッジの両用タイプもあります。この場合はコンバータ式のメンテナンスを行うとよいでしょう。

万年筆メンテナンス 手入れ万年筆メンテナンス 手入れ
吸入式万年筆
(上がコンバーター式、下が吸入式)
    カートリッジ式万年筆




吸入式万年筆のメンテナンス方法

万年筆メンテナンス 手入れ
水を入れたコップ、柔らかい布を用意してください。
万年筆メンテナンス 手入れ
ネジをひねって水を吸い上げ吐き出すを繰り返してください。
万年筆メンテナンス 手入れ
水気を布でふき取ってください。
まず、吸入式およびコンバータ式のメンテナンス方法をご説明します。用意するものは、万年筆、コップ、柔らかい布(ペン先をふき取りますので、汚れてしまってもいいもの)です。コップに水道水を入れます。このときに洗剤などは一切入れないでください。トラブルの原因になってしまいます。水のままで大丈夫です(ぬるま湯でも可)。その水の中にペン先を浸します。すると、ペン先からインクがにじんできます。透明な水の中に、ゆらりゆらりとインクが漂うさまは、見ていてとても心が和んできます。次に、万年筆の中に入っているインクを吐き出させます。コンバーター式であれば、コンバーターの先端をねじってください。吸入式の場合もペン先と反対側をねじってください。今度は、先ほどの逆方向にねじって、ペン先から水を吸い上げます。この、水の吸い上げては、吐き出すという作業を水を交換しながら、続けてください。水がインクで汚れなくなればOKです。クリーニングが終わったら、用意したおいた布で水気をふき取ります。表面の水は取れても、内部には水気が残っていますので、1日程度おいて乾かすのがよいでしょう。すぐにインクを入れてしまうと、中に残った水でインクが薄まってしまいます。十分に乾かしてから、新しいインクを吸引してください。きっと滑らかな書き味が戻っていると思います。




カートリッジ式万年筆のメンテナンス方法

万年筆メンテナンス 手入れ
カートリッジを差し込む部分から水を入れて、中のインクを流してください。
万年筆メンテナンス 手入れ
クリーニングが終わったら、十分水気を取ってください。
次に、カートリッジ式のメンテナンス方法です。ボディの中に入っているカートリッジをはずします。水道の蛇口から水を出します。あまり勢いよく出さずにちょろちょろというくらいで十分です。ペン先ユニットのカートリッジを入れる部分から水を入れて流します。ペン先から中にたまっていたインクが水と一緒に流れ出てきます。その水が、きれいになるまで続けてください。このあとは先ほどの吸入式と同じで水気を取って、十分に乾かしてから新しいカートリッジをセットしてください。時間に余裕のある方は、先にペン先ユニットを水の入ったコップに1日程度つけておいてから、流水で流すとより効果的だと思います。(ちなみに私は、流水だけで済ませています。)

このように、万年筆のメンテナンスと言っても、決して難しいことではありません。毎日使い続けていれば、インクの詰まりも起こりにくいですが、定期的にメンテナンスされることをおすすめします。長期間、万年筆を使わない場合であれば、インクを抜いておくのがいいでしょう。


万年筆は、末永く使える筆記具です。しかも、書き込んでいけばいくほどに、あなたの書き癖に応じてペン先が馴染んで、より書きやすくなっていくものです。そんなすばらしい万年筆をしっかりと味わうために定期的なメンテナンスをしてあげることが大切です。インクを入れ、手入れをしてあげるという手間がかかる分、愛おしさはひとしおです。メンテナンスも含めて、万年筆ライフをぜひ愉しんでみてください。

(*以上のメンテナンスでも書き味がすぐれない場合は、専門店に持っていってみてもらうのがいいでしょう。)


万年筆メンテナンス 手入れ
メンテナンスをしてあげると、書き味だけでなく、見た目の輝きもよみがえります。


<関連リンク>
「初めての万年筆」のリンク集
「万年筆を所有する幸せ」のリンク集
ガイド記事「分解心をくすぐる万年筆」