ポスタルコ
東京は京橋にある
ポスタルコ直営ショップ
今回の「隣の文具活用術」は以前このオールアバウトでもご紹介をしたポスタルコ。ポスタルコと言えば、味わいのあるステーショナリーを色々と作り出しているブランドとして、文具好きの方々の間ではお馴染みだと思います。その商品は、銀座・伊東屋や丸善といった国内の文具専門店のみならず、イギリスのポールスミスショップなど世界各国でも販売され、国内外で高く評価されています。

そうしたポスタルコ商品をデザインしてこられたマイクさん。今回はプロダクトデザイナーという立場で、日頃どんな文具をどのように活用されているかを伺ってきました。

ガイド:
まず、ポスタルコさんの誕生のきっかけから教えてください。

マイクさん:

ポスタルコ マイクさん
ポスタルコ全商品のデザインを手がけているマイクさん。
日本語がとても上手。
私と妻の友理はアメリカで出会ったのですが、妻はグラフィックの仕事をしていました。仕事柄、日々たくさんの資料や紙類を抱えて仕事に出かけていました。しかしながら、そこに一つの問題がありました。それは、大切な書類を快適に持ち運ぶためのケースがなかったことです。

ちょうどその頃、私はアメリカで「JACK SPADE」というブランドに籍を置き、バックのデザインをやっていました。そこで、私が彼女のために作ってみることにしました。そして出来上がったのが、ポスタルコの代表的な商品となっている「リーガルエンベロープ」の原型なんです。

ポスタルコ リーガルエンベロープ
奥様の友理さんのために作った初期のリーガルエンベロープ。この時のものには中に芯材が入っていなかった。


そのリーガルエンベロープを妻はとても気に入ってくれて、毎日のように使ってくれていました。それを見た色々な人たちから私も欲しいという要望をたくさんいただくようになり、本格的に商品化することになって、それがきっかけでポスタルコというブランドが生まれました。

ポスタルコ リーガルエンベロープ
現在販売されているリーガルエンベロープ


ガイド:
なるほどそういうきっかけがあったんですね。私もリーガルエンベロープをはじめ色々なポスタルコ商品を愛用していますが、いずれの商品にも独特な雰囲気がありますね。新品の状態なのにどこか味わい深いものがあります。それは一体なぜなんでしょう。

マイクさん:
私自身、使い込んでいく中で、素材そのものが生み出していく味わいというものが大好きなんです。ですので、革にしても、圧縮コットンにしても、あえて過剰な加工をせずに、素材本来の風合いを大切にしています。そして、その風合いは時と共に変化していきます。

プラスチックやアクリルなどの材料は新品の時が一番美しいものですが、革や圧縮コットンは使い込んでいくうちに、新品の時とはまた違った美しさが表れてくるものです。私は、そういう素材を選ぶようにしています。

きっと、そうした事がポスタルコ商品の個性に繋がっているのではないでしょうか。


ガイド:
さて、マイクさんはポスタルコの中で、日頃どんなお仕事をされていますか。

マイクさん:

ポスタルコ マイクさん
ポスタルコだけでなく、他社のデザインも積極的に取り組んでいる。
最近は、ポスタルコも規模がだんだんと大きくなり、経営やマネジメントといった仕事も増えてきました。しかし、やはり私自身としては一番好きなのはプロダクトデザインです。

デザインの仕事ということで言えば、実は外部の会社の仕事もしているんです。例えば、現在、金具を扱う商社のモリトさんとバックに使う金具のデザインを行っています。

もともとバッグデザインをしていた経験もありますし、とても楽しい仕事です。モリトさん以外にもこれまで様々なジャンルの企業のデザインを行ってきました。

ポスタルコというひとつの世界にとどまることなく、色々な物作りに携わることは、とてもエキサイティングなことです。そこで身につけたことがまたポスタルコの新たな商品開発のインスピレーションにも繋がっていきます。

セレクトショップ「オープニングセレモニー」とコラボさいた商品
ニューヨークのセレクトショップ「オープニングセレモニー」とコラボレーションした商品。日本の算学をモチーフにした幾何学的な図形がデザインされている。