MOLESKINEにピタリとセットできる

これまでいろいろなメーカーによって、 MOLESKINE にペンをセットする試みが行われてきた。それらのほとんどは別途ホルダーを付けるというものだった。

今回のMOLESKINEのペンではその点が見事に解決されている。これが画期的なのは、特別なホルダーを必要とせず、ペン自体でピタリとMOLESKINEにセットできるようになっている点。しかも、それが実に見事という出来栄え。キャップのクリップの部分に注目していただきたい。
MOLESKINE ペン

今回のMOLESKINEペンの中で一番のポイントと言っていい、クリップの造作

クリップの取り付け具合がちょっと変わっている。キャップは、横から張り出すようなスタイルになっているのだ。クリップは、完全な板状になっていて、キャップとの間には、1mmほどの隙間がある。この隙間に MOLESKINE の表紙を挟んでいくことができるようになっている。MOLESKINEの表紙の厚みを考えて作られただけあって、ピッタリとセットできる。
MOLESKINE ペン

この様にMOLESKINEの表紙にピタリとセットできる

セットできるとは言ってもはさみ込んでおくだけだと、スルスルとずれてこないか心配になるところだが、これが問題ない。
MOLESKINE ペン

キャップに施されたラバーでコーティングのおかげでちょっとやそっとじゃびくともしないフィット感

ここで先程触れたキャップのラバー仕上げがいきてくる。このラバー加工によりしっかりととどまっていてくれるのだ。MOLESKINE のポケットサイズにセットしてみるとよく分かるのだが、ペンの全長がポケットサイズとピタリとあうようになっている。MOLESKINEにすっかり溶けこんでいる。

今回のペンをあえて長方形軸にしたのは、MOLESKINEにセットしたときにしっくりと馴染ませるためなのだろう。
MOLESKINE ペン

ペンの長さ、そして幅もMOLESKINEにセットすることを考えてピタリとくるようになっている


次のページでは書き心地を紹介する。