ラミーの「ダイアログ」シリーズ

ラミーでは、モデルごとに一人の外部デザイナーとコラボレーションしてペン作りを行っている。そんな中で、この「ダイアログ」シリーズだけは、ラミー哲学をより際立ったものにするため毎回違うデザイナーを招へいしている。

「ダイアログ1」では、「ThinkPad 」も手がけたリチャード・サッパー氏。「ダイアログ2」は、ラミーピュアのデザインも手がけたナッド・ホッシャー氏。

そして「ダイアログ3」では、ラミーピコのフランコ・クリヴィオ氏。「ダイアログ」シリーズとしては、はじめてとなる万年筆。しかも、通常の万年筆と違いキャップがないという機構をもったものだ。

このたび、新たにブラックタイプが登場。ラミー大好きな私自身も、これまでこの「ダイアログ3」のことは雑誌などで、その存在は知っていたものの、しっかりと試すという機会がこれまで残念ながらなかった。
ラミーダイアログ3

ラミー ダイアログ3 by フランコ・クリヴィオ 3万3600円

ひょっとすると、皆様の中にもそうした方は多いのでは……。
そこで今回は、この「ダイアログ3」のインプレッションをお届けしたいと思う。

ラミーらしいミニマル デザイン

ラミーダイアログ3

まるで葉巻を思わせるフラットなデザイン

今回ブラックになったためだろうか、シルバータイプの時とちょっと印象が違うような気がする。
どういうことかというと、それほど大きく感じないということ。もちろん実際のサイズは全く変わっていない。あくまでも印象の違いなのだろう。
ラミーダイアログ3

同じくフランコ・クリヴィオ氏デザインのラミーピコと並べてみると、確かに似ている。まるで親子のようだ

手に載せてみる。指先には、まずマットな感触がやってくる。こうしたマットブラックというと「ラミーピコ」のブラックを思い起こすところだが、それとは別物。

「ラミーピコ」はラバーっぽい、やや指先にまとわりつく感じがあったが、「ダイアログ3」ではマットの中にもサラッとした指触りがある。しいていうと、ラミーの CP 1のブラックの方に近いと思う。つまり、ラバーっぽさよりもメタルという質感がダイレクトに感じられる。

手にすると結構ズシリとくる。私の持っているラミーの中でひょっとすると一番重いかもしれない。クリップを除いては、ボディの中で突出した部分はなく、全体がスラッとしている。軸は見た目としてはかなり太め。実際に測ってみると直径は13.5mm 。ラミーの中で太めのラミー2000万年筆のグリップ部分は13mm ほど。
ラミーダイアログ3

グリップ部分で比べると、ラミー2000万年筆とさほど、太さは変わらない。「ダイアログ3」のボディには、クリップにつながるラインが描かれており、それがボディにシャープな印象を与えている

つまり、0.5mm しか違わない。しかし、その数値でデータより「ダイアログ3」の方がずっと太く感じるのは、「ダイアログ3」がフラットなデザインのためだろう。


次のページでは手に持った感触をレポートする。