ロシア版餃子とロシア産ワインで乾杯、ロシアの正月 

ペリメニ

ロシア風水餃子、ペリメニ。たっぷりの湯で茹で、すくって食べる

ロシアの正月の食べ物といえば、ロシア風水餃子ともいえる「ペリメニ」。お好みでスメタナ(サワークリーム)やバターをかけて食べます。具は肉や魚など、地方によってさまざま。スーパーでは大量の冷凍ペリメニも目にします。それからもうひとつ欠かせないのがロシア産のスパークリングワイン。ロシアといえばウォッカを思い浮かべる人も多いと思いますが、お祝いなら泡が定番です。

ロシアではユリウス暦(旧暦)の正月にあたる1/13、14を祝う人も多くいるので、新年から旧正月までずっと正月気分が続きます(しかも1/7はロシアのクリスマスもあるのでなおさらです)。ちょっとうらやましいですね。もともとお酒に強い人も多いお国柄ですが、この時期はとくにみんなよく飲んでいるようです。

7つのSを飾ってお祝い、イランの旧正月(ノウルーズ) 

イランの正月はノウルーズと呼ばれます。3,000年もの歴史を誇るゾロアスター教の正月で、春分の日(3/21前後)から13日続きます。

特筆すべきは「ハフトシン」と呼ばれる正月飾り。「ハフト」は7、「シン」はSの意味で、Sではじまるものを7つ用意します。具体的には、サブゼ(麦や豆を発芽させたもの)サマヌ(麦芽のお菓子)、セッケ(硬貨)、シーブ(りんご)、シール(ニンニク)、セルケ(酢)、スーマック(植物)など。それぞれ、健康や富などを象徴するものになっています。

ノウルーズの期間は親戚や友人の家を訪ね、忙しく過ごしますが、年越しは家族と迎える人が多く、年越し前の最後の食事には、「サブズィポロ」(香草の炊き込みご飯)と「マーヒー」(魚)が食べられます。

世界の正月料理
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。