豚足とレンズ豆で財運アップ! イタリアの年越し 

ザンポーネ

手前がザンポーネ。これをレンズ豆の煮込みと一緒に食べるのが大晦日の恒例 (C)コモ湖畔の書斎から

イタリアの年越しそば的存在なのが、豚足にさまざまな部位を詰めるソーセージ「ザンポーネ」。見た目からして迫力がありますが、味わいもどっしり濃厚なので、量はそれほど食べられないかも。ザンポーネには「レンキエッテ」(レンズ豆)の煮込みを添えるのが定番なのですが、レンズ豆は形がお金に似ているので、大晦日に食べるとお金持ちになれるといわれています。ほかに腸詰めバージョンの「コテキーノ」もおなじみ。いずれもエミーリアロマーニャ州のモデナ名物ですが、イタリア各地で食べられています。加熱処理したパック詰めもスーパーで売られており、シーズンなら旅行者でも簡単に買うことができます。

ドーナツ食べながら年を越す、オランダの年越し 

オリボルン

年越しそばならぬ、年越しオリボルン

オランダの年越しにかかせないのが揚げドーナツ「オリボルン」。ころっとした丸い形がかわいらしいドーナツです。オランダでは、大晦日にはオリボルンをつまみながら年を越すのが恒例。自宅で作る人もいますが、街なかで買う人も多く、大晦日には長い列ができる屋台も。プレーンのほかにレーズン入りのものもあり、粉砂糖をかけて食べます。

鐘に合わせてブドウを一気食い!? スペインの年越し 

スペインでは各地の広場に人々が集まり、12時の鐘の音にあわせてブドウを一粒ずつ食べるというユニークな習慣があります。食べるブドウは12粒。ブドウはあらかじめ皮をむいておきます。面倒ならスーパーでこの時期売られる年越し用ブドウの缶詰(あらかじめ皮がむいてあり、12粒入りなので便利)を利用するのも手。ただ、実際には鐘の音も結構早く、慣れない人にとっては12粒しっかり食べきるのはかなり難しいようです。マドリッドの広場、プエルタ・デル・ソルの様子はテレビで放映されるので、ホテルで楽しむのも可。実はこの年越しブドウ、メキシコでもおこなわれている習慣です。

世界の正月料理
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。