パーソナリティ障害とは(人格障害とは)

座り込む女性

スムーズな日常生活が送れなくなってしまうパーソナリティ障害

精神疾患の一つに、その人本来の人格から生じる困難のために、スムーズな日常生活を送れなくなるものがあります。これらを総称して「パーソナリティ障害」と呼びます。

なお、パーソナリティ障害は以前「人格障害」と言われていましたが、近年疾患名が改められています。古い文献で「人格障害」とあった場合、現在の「パーソナリティ障害」を指すものだと覚えておきましょう。

パーソナリティ障害の種類・症状

パーソナリティ障害は、症状によって大きくA群、B群、C群の3つに分けられます。各々に疾患名を記載していますので、詳しく知りたい方は「疾患名」をクリックすると、症状や治療法についてご覧頂けます。

■A群……統合失調症的な気質があるパーソナリティ障害
独特の思考法、生活様式のために、対人関係がうまくいかなくなってしまうことも。風変わりな人と思われることが多い疾患です。

A群に分類される疾患
妄想性パーソナリティ障害
統合失調質パーソナリティ障害
統合失調型パーソナリティ障害

「統合失調質パーソナリティ障害」と「統合失調型パーソナリティ障害」は非常に似た病名ですが、症状は異なります。一例ですが、社食で自分にとっての定番メニューが廃止された場合、心の中でその献立をお腹いっぱい食べることを空想して、ショックを和らげようとするのは統合失調質パーソナリティ障害的な発想です。これに対し、「仲の悪い同僚が呪いをかけたせいだ……」と真面目に考えるような魔術的思考がある場合は、統合失調型パーソナリティ障害的な発想があると言えます。

■B群……感情が不安定なパーソナリティ障害
ストレスに弱く、情緒が激しいため、周りの人を振り回してしまうことがあります。

B群に分類される疾患
反社会性パーソナリティ障害 ※以下で詳述
境界性パーソナリティ障害 ※以下で詳述
演技性パーソナリティ障害 
自己愛性パーソナリティ障害

■C群……不安や恐怖心が強いパーソナリティ障害
周りの目や自分に対する評価が強いストレスになってしまいます。

C群に分類される疾患
回避性パーソナリティ障害
依存性パーソナリティ障害
強迫性パーソナリティ障害

以下で、パーソナリティ障害の一例をご紹介しましょう。

境界性パーソナリティ障害と反社会性パーソナリティ障害

B群に分類される境界性パーソナリティ障害は、若い女性に多く、人口の約1~2%に見られる病気とも言われています。感情が不安定になり、衝動的になったり、予測しにくい言動を取ったりするため、家庭や仕事面など生活全般に影響が及びやすく、特に対人関係において、良好な関係を保つことが難しくなります。詳しくは、「境界性パーソナリティ障害の特徴・原因・症状」をご覧ください。

通常は、外来通院で、心理療法、薬物療法などを行い治療します。自殺リスクが認められたり、 現実認識が顕著に低下している場合など、入院が必要な場合は別です。詳しくは、「境界性パーソナリティ障害の治療法」をご覧ください。

同じくB群の「反社会性パーソナリティ障害」は、男性の方が女性の約3倍多い病気で、人口の2%前後に見られます。特徴は、簡潔に言ってしまうと、社会的規則に従いにくいという「反社会性」です。社会的常識に照らし合わせて見たとき、規則を守るのが極端に苦手だったり、自己の利益のために平気で嘘をついたりするような行動が見られます。詳しく知りたい方は、「反社会性パーソナリティ障害の特徴・症状・治療法」をご覧下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。