自分を愛すれば愛するほど他人は離れやすくなります

自分を愛すれば愛するほど、他人の気持ちを構わなくなってしまうもの。ナルシスト的傾向を自覚する人は、自己愛性パーソナリティ障害には要注意ですよ!

自分を愛することは大切なことですが、他人からそれを感じられてしまうと、ちょっと微妙なものがあります。微笑ましく思える時もあれば、「ちょっとそれはないんじゃない?」と思われてしまうこともあります。

例えばジムのロッカーの更衣室。鏡の前でポ-ズを取り、自分の姿に見とれている人がいたとしまう。それを見た場合、「あの人、ちょっとナルシストなのかな?」と感じる人は少なくないのでしょう。

もっとも、相当なナルシストであっても、仕事をきちんとこなし、円満な対人関係を維持できる人は、精神医学的には正常範囲。ただ、自分を愛すれば愛するほど、他人の気持ちを構わなくなってしまい、今まで親しくしていた人たちから、距離を置かれてしまうというケースも少なくありません。自己のナルシスト的な傾向から、仕事や家庭などの日常生活に深刻な問題が生じている場合、「自己愛性パーソナリティ障害」の可能性もあります。

今回は自己愛性パーソナリティ障害の特徴、症状、治療法について、詳しく解説します。

自己愛性パーソナリティ障害の特徴・原因

自己愛性パーソナリティ障害には、「自分は周りのみんなとは違う」と、自分を特別視し、自己の外見、能力など、自己の属性に自信を持ち過ぎる傾向があります。他人には、自分に対する賞賛の言葉や特別扱いを求めるのに、相手の気持ちにはまるで無頓着なことが多く、対人関係において深刻なトラブルが生じやすくなります。

自己愛性パーソナリティ障害の頻度は、人口の1%弱。自己愛性パーソナリティ障害の原因自体は不明です。

自己愛性パーソナリティ障害の症状

自己愛性パーソナリティ障害では以下のような症状が、通常20代までに、顕著になります。
  • 自己の外見、体力、知力など、自己の属性に自信を持ちすぎ、自己の特別視が著しい
  • 他人に賞賛の言葉や特別扱いを求めすぎるが、相手の気持ちには極めて鈍感で、相手へ横柄な態度を取りやすい
  • 自分の理想の姿を追い求める気持ちが強すぎると共に、他人の前では、自分を、社会的権威のある人物や、知名度の高い大企業、公的機関などに結び付けやすい

自己愛性パーソナリティ障害の治療法

自己愛性パーソナリティ障害の治療ゴールは、他人の気持ちを汲めるようになることです。主に心理療法が行なわれます。ただ、他人の気持ちを汲めるようになるということは、自分の優越性をある程度否定することでもあります。本人にとって受け入れがたいような場合、治療が難しくなってしまう傾向があります。

薬物療法が必要か否かは個人個人の病状によりますが、自己愛性パーソナリティ障害では、年齢を重ねるにつれ、自己愛の源である、性的魅力、肉体的能力などが失われて、気分が落ち込み、薬物療法が望ましくなるケースが少なくありません。具体的な治療薬に関しては、気分の大きな落ち込みに対しては、抗うつ薬。気分の移り変わりが大きい場合は、気分安定薬……など、状況に応じて、治療薬が選択されます。

自己愛性パーソナリティー障害では、他人からの批判など、日常生活でも自意識がダメージを受けることが多くなってしまいます。大きな心の苦しみにつながらないよう、早期に精神科(神経科)を受診することが望ましいです。もしも社会生活上、自己のナルシスト的傾向のため、心の苦しみや落ち込みが大きくなっているような場合は、ぜひ、精神科(神経科)受診を考慮してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。