一人でいる事を好む気質

時には1人で過ごす事はオツなものですが、その傾向が極端な場合は、統合失調質パーソナリティ障害の可能性もあります

パーソナリティは人それぞれで、内向的な人もいれば、外向的な人もいます。ただ、社会生活では、他人とのコミュニケーションは必要不可欠なので、内向性の人は、少しネガティブな印象で見られてしまうこともあるようです。例えばいつも1人で食事をしていると、周りの人からは「寂しそう」と思われてしまうかもしれません。

とは言え、1人でいることの原因はさまざまです。1人で過ごしている人がみんな、周りに溶け込みたくても溶け込めず、結果的に1人になってしまった人とは限りません。もともと他人と関わるのが嫌いで、1人の方が快適に過ごせる人もいます。

ただ、他人との関わりを避け過ぎてしまうと、自分の望む仕事ではなくても、「人との関わりがほとんどない仕事」という視点でしか仕事を選べなくなるなど、社会生活上で感じる不利益が顕著に出てしまうこともあります。このような場合、統合失調質パーソナリティ障害の可能性があります。

今回は統合失調質パーソナリティ障害の特徴、症状、治療法について、詳しく解説しましょう。

統合失調質パーソナリティ障害の特徴・原因

統合失調質パーソナリティ障害の特徴は、他人との関わりを求めない、あるいは、必要としないほど、強い内向性にあります。「統合失調質パーソナリティ障害」という病名は、「統合失調症」と似ていますが、実際に症状に類似性がある病気です。統合失調質パーソナリティ障害の人は、周囲の人の目には、感情の起伏に乏しく、周囲のことに何の関心もないと映ってしまいます。これはあたかも、統合失調症の陰性症状のように見られるでしょう。

しかし、統合失調質パーソナリティ障害の場合は、現実認識に問題はありません。統合失調症の陽性症状である、現実と非現実の境が曖昧になってしまい、幻覚、妄想が現われるといった症状はないのです。

統合失調質パーソナリティ障害の原因自体はよく分かっておらず、また、統合失調質パーソナリティ障害の頻度も、本人が自ら進んで精神科を受診しにくいこともあり、正確な見積もりは困難です。しかし決して稀な疾患ではなく、研究報告によっては、人口の7.5%前後に見られ、男性患者は女性患者の約3倍とも言われています。

統合失調質パーソナリティ障害の症状 

統合失調質パーソナリティ障害では以下のような症状が見られます。 
  • 他人と親密な関係になりたいと思わない
  • 1人でできる活動を好む
  • 性交渉を、わざわざしたいとは思わない
  • 親しい友人はいない
  • 皆が楽しいと思うような活動に興味がない
  • 他人にどう思われているかに無関心
  • 感情の起伏に乏しい、冷たい印象を与えやすい

統合失調質パーソナリティ障害の治療法

統合失調質パーソナリティ障害では、他人との関わりを望まないため、自分から進んで精神科を受診することは少ないですが、治療としては、生活上、耐え難くなっているストレスなどの問題に対処するため、心理療法を行います。もしも、うつ病など薬物療法が必要な問題点があれば、抗うつ薬などの薬物療法も行われます。

もしも、他人との関わりを避ける余り、日常生活で多くの不利益を感じている場合は、精神科(神経科)を受診することが、問題解決の重要な選択肢になることを頭に置いておきましょう。自分の心の苦しみの正体は、他人との関わりを通じて、見えてくる場合もあります。また、精神科で相談することは決して、自分のパーソナル・スペースを侵害することではありません。不要なストレスを軽減したいと考えるなら、精神科を受診することを検討してみるのがよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項