マンションは新築、中古とも希少で高額、
狙い目は意外に一戸建て?



バス通り
駅から赤堤通りに向かってバスが通る西福寺通りだが、通り沿いでも低層の建物しか建っていない
前出の赤堤、桜といった、この地域の住宅街の多くは一戸建て以外の建設が難しい第一種低層住居専用地域に指定されており、また、もともとが一戸建て中心の地域だけに、まとまった土地がないことから、大規模な集合住宅は建てにくい場所。そのため、新築、中古ともに希少。たまに、新築マンションが出ても、駅から10分以上というケースもしばしばで、規模的には100戸内外。価格的には60m2で4000万円程度、平均的な75m2の3LDKであれば、5300円前後というところ。人気を反映してかなり高めです。


中古は1970年、1980年に建てられた物件が多く、駅に近いほど古い物件が中心に。カップル向きの60m2なら、3000万円前後からです。

供給数では一戸建て。ただし、価格は駅から徒歩10分以内、土地100m2の新築4LDKが6000万円~7000万円前後。もちろん、それ以上の予算があるなら、1億円、2億円といった物件も豊富です。

住宅街の中の建設予定地
この地域では個性的な一戸建ても目につく。お屋敷が分割されて売りに出るケースも増えている
一戸建てを考えている人なら土地を買って、建築という手もありえます。この地域はお屋敷も多いものの、細い路地に面した小規模な土地もあり、そうした土地なら、比較的手ごろに購入できるのです。とはいえ、予算的には建売住宅と同じくらいを考えておいたほうがいいでしょう。また、建設に当たっての制限が厳しい地域ですから、購入時には建築家などの専門家にどの程度の家が建てられるかを確認することは必須です。


学生向けの木造アパートからデザイナーズまで
種類、賃料豊富な賃貸住宅



経堂のアパート
学生が多い街だけに、安いアパートも豊富。和室の1Kなども少なくない
学生の多い街だけに、単身向きのアパートは数多く、賃料も手ごろ。駅から遠かったり、古い木造だったり、和室だったり、狭かったりすれば、5万円前後の物件もあります。逆に30m2など広めのワンルームや、20万円、30万円以上のハイグレード物件、デザイナーズ物件もあり、予算に合わせて選び分けられます。

経堂のお屋敷街
駅から離れた地域では買い物の便利さに加えて、夜道のチェックも大事。危険なわけではないが、人通りが少ないのだ
ただ、単身者や共働きカップルの場合、駅を離れ、通りから住宅街に入ると、コンビニはおろか、自動販売機もなくなってしまう地域があるので、現地周辺の便利さのチェックは忘れないこと。また、特に桜のあたりでは道が細く、くねくねと曲がっている場所が多く、車での暮らしにはちょっと不便。特に大型車に乗っている人は注意が必要です。

駅前の整備、小田急線全体の複々線化と、今後の利便性アップに期待大の経堂。派手さはないものの、商店街、飲食店、緑と、暮らしに必要な要素を考えると、小田急沿線屈指の暮らしやすい街のひとつといえるのではないでしょうか。

【シリーズバックナンバー】
「ハイソで国際的な下町『広尾』」
「中央線文化漂う住宅街『荻窪』」
「粋と新しい便利さの街『神楽坂』」
「元気、でも静かな街『学芸大学』」
「情報感度高い大人の街『表参道』」
「人に自然に優しい街『自由ヶ丘』」
「季節感と情緒、グルメの街『浅草』」
「自然、雑踏と文化の街『吉祥寺』」
「緑溢れる水辺の都会『二子玉川』」
「セレブで庶民派な街『白金』」
「元気な世田谷の下町『三軒茶屋』」
「意外に住める憧れの超都心『銀座』」
「独自性を貫く学園都市『国立』」
「最先端な庶民派国際タウン『恵比寿』」
「整然とした静かな街並みが魅力の『桜新町』」
「演劇、音楽と猥雑な活気の街『下北沢』」
「水辺に開かれるゆとりある新しい街『豊洲』」
「子どもと犬に優しい緑の地『駒沢大学』」
「急激に変化し続ける老舗の街『麻布十番』」
「商店街で有名、品川の下町『武蔵小山』」
「通勤に遊びに便利。勢いのある街『中目黒』」
「昔も今も交通の要所、変化し続ける『品川』」
「都会と郊外、両方の良さを備えた街『三鷹』」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。