仕事に慣れてくると、穏やかで面倒見のよい女性には相談が舞い込んでくる事も少なくありません。仲の良い人からの相談なら乗りやすいけど、職場だけの仲でそつなく付き合っている人からの相談だったりすると、どう接したらいいのか悩んでしまうことも。

自分の返事次第で社内の人間関係が悪くなってしまったらどうしよう…などと大袈裟に構えて、面倒に感じたり、戸惑ったりするのではないでしょうか。でも、そんなに堅く考えず、もっと気持ちを楽に、人の喜ぶことをすると思って対応してみましょう。「あなたに相談してよかった」と言われるような相談の受け方を、これからお話しします。

どういう人が相談されやすい?

相談
相談された=選ばれた、と前向きに
相談する人は「この人なら私の話を聞いてくれそう…」と、思った人に話をします。それは「私の気持ちをわかってもらえそう」「一生懸命考えてくれそう」と思われているから、相談するのです。

それは、人として目に見えない財産を持っているということです。だから「困っちゃった…」「面倒だ…」などと思わずに、しっかりと一生懸命話を聴いてあげましょう。そして、相談をされるだけの人格になっていることに誇りと自信を持ちましょう。

相談を持ちかけられた人の気持ち

深刻な相談を持ちかけられた時ほど「どうしよう」と思い、相手から逃げたい気持ちと、答えてあげなきゃと思う気持ちの両方が心の中に存在します。こういう時は、もし自分が相談する立場だったらどうだろう? と考えてみましょう。

軽い返事をしてしまったら、その人はがっかりするだけでなく、あなたに不信感を抱く可能性もあります。相談されて困って悩んだ挙句に恨まれたら大損です。まずは、「お互い様」という気持ちで相談にのってあげましょう。

相談をしたい人の気持ち

相談をした人は、自分一人で考えていて煮詰まってしまって、助けを求めています。ふと、我に返り
  • 自分って傍からどう思われているのだろう
  • こんな状態で大丈夫なのかしら
  • などとモヤモヤとした状態です。自分は正しいと思ってしていたけれど、どうも周囲の反応が芳しくない。
  • 何が悪いのか分からない
  • 考え過ぎなのだろうか
など、何ともすっきりしない気分が続いていたはずです。相談する人も、それまでに色々と考えてから打ち明けてきています。だから、相談相手の反応に敏感になります。

相手を安心させる、聞く態度とは?次ページへ