コンセンサスとは

コンセンサス,例文,コンセンサスを得る,コンセンサスを図る,英語,全会一致,違い,コンセンサスを取る,類語

コンセンサスとは


コンセンサスとは、英語では「consensus」。ビジネスシーンにおいて「複数の人の合意や意見の一致」という意味があります。また、合意を得たり意見を一致させるために、事前に承諾を得ておくなど働きかけをする「根回し」という意味でも使われます。「コンセンサスを取る」というのは、「合意を得る」という意味で使われます。合意を得るための交渉や根回しなどの段取り自体もコンセンサスという言葉の意味に含まれるのです。
 
ここで重要なのは、コンセンサスは「複数人に対して」合意を得る際に行うことだということです。企業や団体、プロジェクトなど、複数人で話し合いや打ち合わせを進める際には「コンセンサス」を得ることが必要になります。1対1の場合は、コンセンサスではなく「アグリメント」という言葉を使用することがあります。
 
「コンセンサス方式」で会議を決定する
コンセンサスは、単純に意見が一致するというものではなく、「全会一致」の合意を指します。一人でも反対意見の人や賛成しない人がいれば、合意とはならないのです。このように、反対意見の表明がないことによって決定する会議方式を「コンセンサス方式」といい、国連で用いられている決議のひとつにも含まれています。
 
株価取引の場で用いられる「市場コンセンサス」
コンセンサスは株価取引の場でも用いられています。「市場コンセンサス」とは、アナリストが分析した株の利益や配当などの予想の平均値のことを言います。

このように、「コンセンサス」という言葉はさまざまな場面で使われています。
 

「アグリメント」との違い

「コンセンサス」は複数人から得る合意のことを指し、一般的には企業やプロジェクトなどの組織的な合意を意味します。これに対し、類語として挙げられるのが「agreement(アグリメント)」です。英語の「agree(賛成する)」から意味がきていて、「複数人」のニュアンスがない場合、相手が1人である場合の同意や合意を得るときに使います。「コンセンサス」と「アグリメント」の違いは、合意や同意を得る相手が複数人いるか、1人なのか、という違いです。
 

根回し、事前交渉の重要性

仕事やプロジェクトを進めていく上で、段取りや根回しは少なからず必要です。相手企業や関係先に事前に交渉しておくことで、スムーズに仕事を進められることはよくあるからです。そのときに「関係者のコンセンサスを図る」というのはとても重要です。前述のように、コンセンサスとは「全会一致での合意」の意味があるので、全員が納得して話し合いを前に進めるためには、事前の根回しや交渉が役に立つのです。
 

コンセンサスの使い方・ビジネス例文

ビジネスにおける「コンセンサス」の使い方を、例文を用いて紹介します。微妙なニュアンスで意味も変化するので、実際に指示されたときに正しく受けとれるよう、覚えておきましょう。

1.【根回し、事前交渉の合意】の意味で使われる場合
「明日の会議までに、関係者のコンセンサスを取っておいてください」
「上司のコンセンサスは必ず得ておいてください」
→この場合、関係者や上司へ事前交渉し、話を通しておいてください、という意味になります。
 
2.【複数人からの合意や同意】の意味で使われる場合
「この案件は、A社のコンセンサスは取れていますか?」
→この場合、A社に同意は得ているのかどうか、という意味です。このコンセンサスの中にも、「根回し」や「事前交渉」の意味が含まれています。
 
3.【特定の集団からの合意や同意】の意味で使われる場合
「騒音対策についての資金繰りは、近隣住民へコンセンサスを図る必要がある」
→この場合のコンセンサスには、同意や合意のほかに「方向性をそろえる」「意思統一する」などのように、少し漠然とした意味合いも含まれます。
 

まとめ

「コンセンサス」の正しい意味と使い方について紹介しました。新米社員の場合は「コンセンサスを取っておいて」と言われることが多いでしょうし、部下を持つ立場の場合は根回しを部下にお願いすることもあるかと思います。正しく意図を伝えるためにも、「コンセンサス」という言葉を正しく使いこなしましょう。

文:鈴木麻理奈

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。