グループづくりの最初に思い浮かぶことは?

社内会議

グループ発足当初は、笑顔の下に不安がいっぱい

新規部署の立ち上げ、スクールへの入学、PTAや自治会、サークルの発足など、新しいグループができたときには、同じ目的に向かって頑張っていきたいものですよね。しかし、まだ慣れないうちには、

「見かけは優しそうだけど、クセの強い人たちかも?」
「積極的に発言すると、リーダー役を任されそうでやだな」
「そのうち、自分だけ仲間外れにされたらどうしよう」

というように、気を揉んでしまうものです。

グループ構成の共通点を知れば、人間関係は怖くない!

PTAでも、頑張る行動派ママは2割程度
PTAでも、頑張る行動派ママは、2割程度
せっかくグループが誕生したのなら、ただ表面的に仲良くするだけでなく、何か有意義な活動をしたいもの。

しかし、「言いだしっぺ」だけが働かされて苦労したり、足を引っ張ったり悪口を言う人がいて、グループ全体のムードやモチベーションがぶち壊しになったりすることがよく起こります。

それでも、恐れることはありません。たとえば10人のグループがつくられると、だいたい次のような人員構成になるのが常、と初めから見積もっておけばいいのです。

・ だいたい2人が行動派
・ だいたい6人が浮動派
・ だいたい2人が問題派


つまり、アイデアや企画を具体的な行動に発展させられる「行動派」は2人程度と少数。約束事を守らない、皮肉や批判ばかりで具体的に行動しない「問題派」もまた2人程度と少数。残りの過半数が、言われればやるけど自分からは行動を起こさず、ムードによってモチベーションが左右される「浮動派」という構成です。

 

せっかくなら「アクティブグループ」にしよう

グループのパターンを知っていれば、ストレスは格段に減る
グループのパターンを知っていれば、ストレスは格段に減る
前ページのように考えると、仲間の行動にいちいちイライラせず、不要なストレスを軽らせます。つまり、グループのほとんどの人は自分からは積極的な行動をしようとせず、過半数の人はムードに左右されやすいもの。また、たいてい少数のトラブルメーカーが現れるものなのです。

それでもグループ活動には、積極的に参加する意義があります。人数が多いと「大きな神輿」をかつぐことができ、グループならではのダイナミズムを体感できるからです。

ぜひ、せっかくの縁を無駄にせず、やる気を高めあって発展的な活動をする「アクティブグループ」にしてみましょう。そのために必要なのは、次のようなことです。

その1. 自分が「行動派」になって相棒を探す

「行動派」は、相棒と一緒にグループを引っ張っていくべし
「行動派」は、相棒と一緒にグループを引っ張っていくべし
やる気を高めあえる「アクティブグループ」にしたいなら、思い切ってまず自分が「行動派」になろうとすることが大事です。かなりのボランティア精神が必要ですが、一度やるとグループのまとめ方がよく分かるようになります。

大切なのは、自分と同じような「行動派」として働ける相棒を、最低もう1人は見つけること。誰か1人だけでグループを動かそうとすると、仲間は必ず拒否反応を起こします。リーダーは必要でも、内心独裁的に仕切られたくはないのです。

10人ほどのグループなら、アイデアを具体的な行動にできるような人は、自分以外にもう1人はいるものです。その人が人間的にポジティブで楽しむことを好み、話し合って行動していける人であることが大事。「何か面白いことを企画しない?」と誘ってみましょう。

その2. 「開かれたグループ」にすべし

「報・連・相」(ほう・れん・そう)という言葉が、昔流行りましたね
「報・連・相」(ほう・れん・そう)という言葉が、昔流行りましたね
「行動派」だけで報告や相談もせず、何もかも取り仕切っていると、残りの人たちは嫌気が差してきます。たとえいいアイデアでも、相談もせずに押し付けるのはダメ。何かをやるときには、最低次の3ステップを踏むことを頭に入れておきましょう。

1. 全員が集まったときに「やりたいこと」のアイデア出しを呼びかける。
2. 集まったものの中から、多数を占めたものや面白そうな企画をピックアップし、次回再度意見を集計して決める。
3. 決まらなければ「行動派」が決断し、承認を得る。

また、グループの抱える問題を、絶対に愚痴悪口にして話してはいけません。愚痴、悪口になりそうな要素とは、そのグループが今直面している「課題」なのです。これも、アイデアを出し合うことによって、ポジティブに解決していきましょう。

その3. 「浮動派」の心を掴み、気持ちよく動かす

浮動派をどう動かすかが問題
浮動派をどう動かすかが問題
アクティブグループにするには、過半数を占める「浮動派」の心をいかに掴めるかにかかっています。たいていこの層は、「何か楽しいことがあれば参加したい」「面倒はイヤだけど、できる範囲なら協力したい」と思っています。

この層の人たちは、断片的な仕事しかできないかもしれません。しかし、それでも全員にまんべんなく仕事を依頼しましょう。多くの人は、自分が矢面に立ったり、仕事が増えすぎて圧迫されることを嫌っても、有意義なことに参加することには前向きです。たとえば、グループ運営に必要な小さな仕事(議事の記録、買い出し、集金など)をお願いしてみるといいでしょう。

その4. 「問題派」が主流になるのを防ぐ

「問題派」のムードにグループが染まると、前には進めない
「問題派」のムードにグループが染まると、前には進めない
「問題派」は、冷静に考えればほんの一握りです。気を付けなければならないのは、「浮動派」が問題派のムードに流されるのを防ぐこと。

「行動派」がグループの愚痴や悪口を言わず、話し合いによって意見を求め、楽しく実りのありそうな行動をしようと呼びかけていけば、まず大丈夫です。多くの問題派は愚痴や悪口を言うだけで、現実的で具体的な行動を起こし、人をまとめて何かを生み出すことは苦手だからです。

問題派も、グループ特有の「彩り」であるため、排除する必要はありません。しかし、その独特な「ネガティブ・パワー」は少しでも鎮めておくことが大事です。笑顔と感謝の気持ちで接するのが基本ですが、さらに、次のような対応をとってみるとよいでしょう。

* 約束を守らない人---文書やメールだけでなく、口頭で細かく説明して面倒を見る。それでも期待はせず、時間や期限など最低限のことが守れていればOKと考える。

* 批判的な人---アドバイザー的役割と考える。こまめに状況を説明し、意見を聞く。参考にし、役立てられる部分は役立てる。

グループの人間関係が自分を成長させてくれる

グループには学べることがいっぱい。自分をもっと磨くべし
グループには学べることがいっぱい。自分をもっと磨くべし
ここまで見ると、「グループで何かをするのって、やっぱり面倒」と思うかもしれません。しかし人は、人間関係で大きく磨かれる生き物です。

1人、もしくは気の合う友人とだけで行動するのは、気楽かもしれません。しかし、色々な性格の人とうまく調整し合い、一緒に行動をすることで、人間関係のストレスに強くなります。

人生のあらゆる局面で巡り合う新しいグループ。ストレスにするのも、ステップにするのも自分次第。あなたなら、どちらを選びますか?