上司、部下、同僚など会社の人と円滑な関係が築ければ、仕事に大いにプラスになります。反対に付き合い方を誤ると人間関係がこじれ、気まずい思いを抱えたまま仕事に挑むことになります。

会社の人との付き合いを、常に良好に保つために欠かせないのがビジネスマナー。ビジネスマナーが人間関係のクッションになり、潤滑油になるのです。上司・部下・同僚への挨拶、付き合う際の心構え、それぞれの付き合い方の要点を説明します。

上司への挨拶は必ず敬語で

部下から「ご苦労様」と声をかけられる上司の心痛はいかに。「お疲れ様です」と常に正しい敬語を心掛けましょう
オフィスではもちろんのこと、社外であっても、上司、部下、同僚にかかわらず、自分から進んで挨拶してください。好き嫌いや親しさの程度で挨拶の対象を選ぶことはタブー。声をかけられなかった相手が「私は無視されている」と感じる可能性があるからです。人間は相手から無視されていると感じると、それに反発するように相手のことを嫌いに思う心理が働きます。つまり、挨拶をしなかっただけで相手から嫌われてしまう可能性があるのです。

上司への挨拶は「おはようございます」「お疲れ様でした」「お先に失礼致します」など必ず敬語を使ってください。同僚と部下には「おはよう」「お疲れさま」と語尾を省略しても失礼ではありません。親しみを込めて気さくに声をかければ、相手もあなたに親しみを感じることでしょう。ただし、慣れてくると乱れがちになるので、節度のある言葉づかいを心がけてください。なお、「ご苦労様です」「ご苦労様でした」は大名言葉とも呼ばれ、目下へのいたわりの言葉なので上司と同僚には使わないように。

付き合いの心構え

上司、部下、同僚との付き合いで、共通する心構えがあります。それは「節度のある付き合い」を心がけることです。「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがあるように、常にマナーを忘れず、緊張感のある関係を保つようにしましょう。節度のある付き合いの要点をまとめます。

1.時間や約束を守る
相手が上司の場合はもちろん、たとえ相手が気心の知れた同期入社の同僚や学校の後輩にあたる部下であったとしても、時間や約束を守るのはビジネスマナーの基本です。

2.相手の意見をちゃんと聞く
相手が同僚や部下であっても同じです。相手の人格を尊重し、意見をきちんと聞くようにしましょう。

3.他人の悪口、噂話はしない
あなたが悪口を言っていたことが、上司や部下、同僚を介して相手の耳に入らないとも限りません。口は災いのもとです。

4.プライベートなことを詮索しない
恋人の有無や貯蓄高、信仰している宗教などプライベートなことをしつこく尋ねるのはタブー。また、男性社員が女性社員に体重や洋服のサイズを聞くことは、セクシャルハラスメントにあたるので気を付けて下さい。

5.強引にお酒やカラオケに誘わない
上司に誘われると部下は無下に断れないので、本心を偽って付き合いを続けた挙句、精神的に追いつめられてしまうことがあります。パワーハラスメントに発展しかねないので注意してください。

6.金銭の貸し借りはしない
金銭の貸し借りはトラブルのもと。もし緊急事態が起こって、やむを得ずお金を借りてしまう場合は、できるだけすぐに返しましょう。反対に貸してしまった場合は、いつまでに返してもらえるのか確認しましょう。

7.断わる時は丁寧に
こちらから依頼する時はもちろんのこと、何かを依頼されたり誘われたりした時は、「できません」「嫌です」といった感情的な言葉を返すのではなく、「企画書を明日までに仕上げなければなりませんので……」「本日はこの後取引先の担当者と会食がございまして……」など、やむを得ない事情があることを伝えて誠実に対応しましょう。