山本エリア
阪神間の北側にある宝塚市。その東側に位置する山本。大阪府との県境も近い。
阪神間の北に位置する宝塚市。この宝塚の東側に位置する「山本」は古くから園芸で有名な街です。現在は、マンションなどが立ち並ぶ郊外の住宅地に。また北部の山手には大規模な宅地開発がされていますよ。園芸という伝統産業と大規模の宅地開発の2つの顔をもつ宝塚の山本をご紹介しましょう。

梅田へ26分の好アクセス。空港も近くに。

山本路線図
阪急宝塚線は、大阪梅田と宝塚を結ぶ路線。その宝塚寄りにある「山本」駅。大阪梅田まで26分。快速急行も停車し便利。

大阪梅田と宝塚を結ぶ路線の「阪急宝塚線」に「山本」があります。快速急行が停車する駅で、大阪梅田まで乗り換えなしで26分。また宝塚へは8分とこちらも便利です。この阪急宝塚線の快速急行は、始発が宝塚で次の停車駅がこの山本。この宝塚近辺の駅の中でも、この山本が特に利便性がいいことがわかります。

この「阪急宝塚線」は、大阪空港への乗り換え駅「蛍池」や「大阪大学」がある「石橋」などの駅もあり、空港へのアクセスや文教地区でも有名な路線です。また、以前の記事でも紹介した「雲雀丘花屋敷」「川西能勢口」「池田」は、近隣の駅です。

また、この西隣の駅は「中山」。安産祈願で有名な「中山寺」があるところです。全国的にも有名で、天皇家も祈願されたとか。このような有名なお寺もあるこの路線。一駅ごとに風景も雰囲気も異なっています。どのエリアも魅力的ですね。

飛行機のアクセスも便利ですよ。大阪空港まで近く、車でも15分程度。また、車のアクセスも便利です。「中国自動車道」や「阪神速道路」のインターチェンジなども近隣にあり、いずれも車で10分ほど。京都や岡山などの遠出にも、大阪市内などにも車で手軽に高速道路が使えます。


昔ながらのお店が並ぶ駅前

山本駅前
山本駅北側のロータリー。バスやタクシー乗り場がある。大きな商業施設はなく、静かな駅前。
山本駅前
山本駅南側。スーパーや銀行、小売店が並んでいる。
駅前を見てみましょう。北側は大きなロータリーがあり、バスやタクシー乗り場があります。また、銀行やコンビニエンスストア、小売店などが数店舗あります。商業施設はほとんどなく、バスやタクシーへの乗り換えがメインのようです。

それに反して南側は「コープこうべ」のスーパーや食料品や本などの小売店があります。といっても、人通りが絶えない駅前商店街といった賑わいではありません。この近辺は郊外型の新しいお店が多く出来ており、買物の中心が駅前から周辺エリアに変わっているようです。

また、駅前には病院が多く見受けられます。新しく出来た建物の病院も多いですよ。いざという時にも安心ですね。また、進学塾なども目立ちました。商業施設より、病院と学習塾の多さが目立つ駅前です。


日本三大植木産地の街

山本の園芸
駅の南西部にある「あいあいパーク」。花や植木などが販売されモデルガーデンなども。植木の街山本のシンボル。
駅周辺を見渡すと緑が多いことに気がつきます。このエリアが植木の産地として発展してきたからでしょう。周辺にはたくさんの植木や植物が育てられているのがわかります。

ここ山本では古くから園芸、植木が盛んな地域でした。桃山時代にはここで「木接術」が発明されたとか。この発明によって、多くの品種がこの地で栽培されてきました。日本三大植木産地としても知られています。 植木などが街にたくさん植えられているこのエリア。環境にも優しい街といえますね。

また、駅の南西側には広い公園と瀟洒な建物が建っています。「あいあいパーク」と呼ばれるこの施設は、花と緑の情報発信ステーションとして平成12年にオープンしました。花や植木などが販売され、園芸に関するカルチャースクールなどが催されています。中でもモデルガーデンは必見ですよ。色々なテイストのお庭が展示されています。このような施設が近くにあると、生活に潤いがでてきそうですね。


次のページでは、住宅地区を中心に紹介しましょう!