川西エリア
兵庫県の南東に位置する川西。大阪府とも隣接している。
兵庫県の東南部、大阪府池田市に隣接する「川西市」。大阪から遠く山の中というイメージがありますが、そんなことはありません。川西市は、
  • 大阪まで電車で約20分の距離。ベットタウンとして発達。
  • 大規模なニュータウンがあり、今も発展し続けている。
  • 周辺に山や川などがあり、自然がたくさん残る街。
といったイメージがあります。この川西の魅力をご紹介していきましょう。


阪急宝塚線、JR宝塚線の2路線が使える。JRでは、大阪まで16分!

川西路線図
JR宝塚線「川西池田」駅は、快速が止まりアクセス抜群!阪急宝塚線「川西能勢口」駅は、ニュータウンなどに向かう「能勢電鉄」への乗り換えターミナル。

阪急宝塚線とJR宝塚線は、平行して走っており、どちらの路線も大阪・梅田に行けます。JR宝塚線「川西池田」駅は、快速電車も止まり、大阪駅まで16分。とても便利です。一方、阪急宝塚線「川西能勢口駅」駅も、快速が停車し、大阪梅田まで21分とこちらも好アクセスです。

また、阪急「川西能勢口駅」からは、「能勢電鉄」が運行されています。利用客は一日平均約9万人といわれており、乗り換えターミナルとしても、たくさんの人が利用しています。この「能勢電鉄」は、川西市の北部や猪名川(いながわ)町を結ぶ路線です。この沿線には、たくさんのニュータウンが造成されており、現在も沿線の人口が増え続けています。

このJR「川西池田」駅と阪急「川西能勢口」駅は、歩いて5分の距離。2つの駅の間は、屋根つきの歩道橋があり、雨の日でも傘なしで移動できます。場合によって利用する駅を使い分けることが出来て、便利ですね。


駅前には、百貨店・スーパーなどなんでもそろう!

川西能勢口駅前
阪急宝塚線 川西能勢口駅。この駅のまわりに、百貨店、スーパー、商業ビルなどがあります。
阪急「川西能勢口駅」のまわりには、商業ビルがたくさん並び、ショッピング、グルメと楽しむことができます。フィットネスクラブ、ボーリング場などのアミューズメント施設が目白押しです。

また、「ジャスコ」や「西友」の大手スーパーや新鮮なお魚などが並ぶ地元のスーパーまで揃っており、普段のお買物にも困ることはなさそうです。もちろん、「TSUTAYA」「紀伊国屋書店」などのお店も揃っていますよ。洋服、雑貨、スポーツ用品等のお店もあり、生活に必要なものは、なんでも揃いそうですね。

なかでも特筆すべきは、「阪急百貨店」。食料品から衣料品、日用品まで百貨店仕様のものがすぐに手に入るのは、地域住民としては嬉しいところですね。また、175店舗が入居する「アステ川西」は、「阪急百貨店」とともに、阪急「川西能勢口」とJR「川西池田駅」の間にあり、いつもとても賑わっています。そこには、「川西図書館」もあり、駅前で本が借りれるので、とても便利ですね。

川西エリアマップ
阪急宝塚線 川西能勢口駅、JR宝塚線 川西池田駅周辺

次のページでは、住宅地区を中心に紹介しましょう!