奈良といえば、まず思い出すのが鹿ですよね。しかし奈良の良さは「鹿がいる事」ではなく「鹿がいても許される雰囲気」である、すなわち「ゆる~い雰囲気」といえます。

神戸、京都へも一直線の「近鉄奈良」

近鉄奈良駅

近鉄奈良駅東口にある行基像

今回紹介する近鉄奈良線「近鉄奈良」駅は、近鉄電車で大阪(難波)、京都、神戸まで乗換無しの一直線で移動できます。

近鉄「大阪難波」駅迄は快速急行利用で40分強、近鉄「京都」駅迄は急行利用で50分程度。神戸方面へは阪神線への乗入れがあり阪神「三宮」駅まで快速急行利用で約1時間30分で到着します。

直線距離で約1kmしか離れていないJR「奈良」駅の乗車人員が一日あたり約1.8万人、乗降客数がその倍とするならば約3.6万人であるのに対して、「近鉄奈良」駅は約6.8万人と倍近い数字。「近鉄奈良」駅は、堂々たるターミナル駅です。(数字はいずれもウィキペディア調べ)

過度に開発されていないのが魅力!

若草山

駅北側大宮通から若草山を望む

それだけ存在感のある「近鉄奈良」駅ですが、周辺はあまり開発されておらず、東側を中心に広々とした空間が広がります。

駅の東方向には若草山と春日山があり、東に向かってなだらかな上り坂になります。北東方向は官公庁街、南東方向には興福寺そして奈良公園。この界隈の広々とした区画・空地が「近鉄奈良」駅界隈のゆる~い感じを演出します。

駅の西側は商業/住居の混在地。駅近辺の商店街も周辺住宅も、一部建物が密集しているものの低層であるためさっぱりとした印象です。

そんな「近鉄奈良」駅界隈。次のページからは写真を中心に紹介してまいります。まずは駅周辺の商業地から~!