世界遺産と鹿のいる風景

最後は「近鉄奈良」駅の東側。北東の一角が官公庁街、残る大部分は興福寺から奈良公園へと続く観光エリアです。

奈良文化会館

南側に公園をかかえる広い敷地の奈良文化会館

奈良県庁

大宮通をはさみ興福寺と向かい合う奈良県庁

県庁前交差点

県庁前交差点の様子。南側の広大な緑地スペースは興福寺の敷地。

いろんなところがある奈良公園

いろんな施設が密集しており見どころ満載な「近鉄奈良」駅周辺

奈良国立博物館

興福寺の東側にあるのは奈良国立博物館

三条通り、奈良

少し南にはある土産物屋が並ぶ三条通も朝早い時間はひっそりしている

猿沢池

三条通そいにある猿沢池の周辺は落ち着いた住環境


さて最後は「鹿関連」をご覧下さい。

鹿飛び出し注意

そこかしこでみかける「鹿の飛び出し注意」の標識

道路を堂々と歩く鹿

本当に車道まで飛び出してくるので車の方はご注意を

鹿せんべいに群がる鹿

鹿とふれあうには鹿せんべいを買うのがよい。買う前にきてくれる。

鹿に注意

しかし、鹿は野生動物。近づくには十分なご注意を!


以上、近鉄奈良線「近鉄奈良」駅界隈をご紹介しましたが、いかがでしたか?商店街が複数あり、文化的施設が密集。官庁街も近く、緑も多い。そして動物との触れ合いも。かなり「住みたい街」としての要素を兼ね備えているといえます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。