雲雀エリア
阪神間の北側にある宝塚市と川西市。その2つの市にまたがるように広がる街「雲雀丘花屋敷」。
阪神間の北に位置し、宝塚市と川西市にまたがる「雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)」。名前の通り、緑豊かなお屋敷が広がる住宅街です。宝塚市の「雲雀丘」と川西市の「花屋敷」の2つの街の名前からつけられた駅名「雲雀丘花屋敷」は、街の気品と風格を表しています。瀟洒な邸宅が目白押しのこの地域。ふらりと散歩するだけでも目の保養になる「雲雀丘花屋敷」を紹介します。

梅田へ22分!空港、高速道路へも好アクセス

雲雀路線図
阪急宝塚線は、大阪梅田と宝塚を結ぶ路線。その宝塚寄りにある「雲雀丘花屋敷」駅。大阪梅田まで22分。アクセスも抜群!

大阪梅田と宝塚を結ぶ路線の「阪急宝塚線」に「雲雀丘花屋敷」があります。快速急行が停車する駅で、大阪梅田まで乗り換えなしで22分。また、この駅は普通電車の始発駅になっています。時間は31分と多少かかりますが、始発駅から座って通勤通学することも出来ます。

この「阪急宝塚線」は、大阪空港への乗り換え駅「蛍池」や「大阪大学」がある「石橋」などの駅もあり、空港へのアクセスや文教地区でも有名な路線です。また、以前の記事でも紹介した「川西能勢口」「池田」は、近隣の駅。ひと駅ごとに、風情が変わる路線でもあります。

「雲雀丘花屋敷」はとても長い駅名ですが、昔は雲雀丘駅と花屋敷駅の2つがあったようです。この2つの駅が一緒になって今の駅名になったとか。また街も、宝塚市「雲雀丘」と川西市「花屋敷」と分かれています。この駅も両方の市にまたがっているとか。駅の下に流れる小さな川が市境だそうです。

また、飛行機のアクセスも抜群です。大阪空港まで約5キロメートル。電車でも車でも15分程度の近さです。気軽に飛行機の旅も出来ますね。 また、車のアクセスも便利です。「中国自動車道」や「阪神速道路」のインターチェンジなども近隣にあり、いずれも車で10分ほど。京都や岡山などの遠出にも、大阪市内などにも車で手軽に高速道路が使えますね。


邸宅が並ぶ駅前

雲雀駅前
雲雀丘花屋敷駅。駅前から邸宅が並ぶ。
雲雀丘花屋敷は小さな駅で、駅前にビルや繁華街は一切ありません。あくまでも、お屋敷街の一角として、市役所の出張所や個人医院、喫茶店、個人商店がある程度。歩く人も数少なく、駅前から邸宅街の風格が漂っています。駅前のバス停からは、山手の住宅地に向かう便が発着しています。

そしてこの駅で一番驚くのが、駅前の住宅。改札を出た瞬間に目に飛び込むのが、瀟洒な個人のお家の塀や生垣です。きれいに剪定されたお庭の木々が、駅前を緑豊かなものにしています。駅前にお屋敷があるのも、この街の風格ですね。


大正時代に個人で開発された街

雲雀丘の住宅
雲雀丘のお屋敷が続く街並み
この地域は、大正時代に個人で開発された街です。当時は、電鉄会社による宅地開発がほとんどだった時代に、珍しいですね。開発も、できるだけ元の地形を残し、緑を残すという理念のもとに開発されたようです。また、生垣を作り美観に務めるなどのルールが作られ、それらに賛同した人がこの地に住宅を構えたようです。この雲雀丘の開発理念は、東京の田園調布も参考にしたとか。まさに、住宅街の草分け的な存在ともいえますね。

街のシンボル「雲雀学園」

閑静な住宅街の中で、唯一賑やかなのが「雲雀丘学園」。幼稚園から高校まである私立の学園です。登下校の時間になると、学園生で活気があふれています。この学園の特徴は、創設された理由。なんとこの地域の要望で作られたそうです。「この雲雀丘の地にふさわしい学校を建てたいという,住民の強い願い」から、学園が創設されたとのこと(雲雀学園のHPより)。学校まで作るとは、やはり住民の意識の高さが表れています。

次のページでは、住宅地区を中心に紹介しましょう!