千里ニュータウンから少し南に外れたエリアにある千里山の町。最寄駅の「千里山」駅は阪急千里線という支線の駅です。JR京都線にある「千里丘」駅と名前は似ていますが場所は異なり、駅の認知度は「千里丘」駅の方が上。しかし、戸建街としての認知度は「千里丘」よりも高く、大変高い評価を受けている街です。

日本最初の田園都市「千里山」

街並@千里山

丁寧に手入れされた品のいい住宅が並ぶ「千里山」駅西側の住宅地

「都市の長所と農村の長所」を併せ持つという「田園都市」。これは近代都市計画の祖といわれるエベネーザー・ハワードが提唱した考えで、その第一号はイギリスのロンドン郊外のレッチワース。そのレッチワースをお手本にした日本で最初の田園都市が、ここ千里山です。

阪急千里線「千里山」駅から西側に広がる住宅街が1921年(大正10年)から開発が始まった住宅地で、「千里山」駅から北西に延び噴水へと至る道は「レッチワースロード」と呼ばれています。

千里山駅、北の風景

切り通しを抜けて「北千里」駅へ抜けていく阪急千里線

レッチワースロードの起点となる「千里山」駅。名前は「山」ですが、その所在地は「谷」。古くからの分譲住宅地である駅の西側、また駅前のマンション・団地群を抜けて名神高速道路方面へ向かう東側、駅からはどちらへ向かうのも上り坂となります。

次のページでは、なだらかな丘陵地にある千里山の街並を、「田園都市」として分譲された西側から紹介いたします。