摂食障害

スリムな体がかっこいいと見なされている現代では、ダイエットして、かっこよくなりたいと、誰もが思うかも知れません。しかし、摂食障害は単なるダイエットの行き過ぎではなく、拒食、過食といった摂食行動の異常が現れる背景には、多くの場合、解決困難な心の葛藤があります。

摂食障害は、決して、軽く見てはいけない病気で、特に、拒食症は、未治療のままだと、栄養状態が極度に低下してしまい、生命が危険です。摂食障害の大部分は女性で、思春期の女性の約2~3%に見られます。

【関連記事】
心の病気と有名人VOL2 カーペンターズのカレンと拒食症


解離性障害

解離性障害は意識の解離症状が特徴的な心の病気です。軽度の意識の解離は日常的に見られる現象で、例えば、ぼっーとしていて、背中をたたかれて、はっと我に返ったような時です。しかし、意識の解離が進んでしまうと、記憶の無い空白の時間が生じたり(解離性健忘)、複数の人格が生じたり(解離性同一性障害)といった病的な症状が出現します。

解離性障害では、多くの場合、幼少時にトラウマとなる体験があります。解離性障害は決して、稀な病気ではなく、発症率は数%と言われています。解離性健忘は若い女性に多く、また、解離性同一性障害は9割以上が女性です。

【関連記事】
トラウマが記憶を消してしまう時
自分の知らない、もう1人の自分
憑依現象は心の病気?

強迫神経症

強迫神経症では、ばい菌で汚れていないか、鍵をかけ忘れていないかといった観念が強迫的に頭を占め、手洗い、鍵の確認といった行為が強迫的に繰り返されるようになり、日常生活に大きな支障が生じます。強迫神経症の多くは、25歳以前に発症します。発症率は約1~3%で、性差はほとんどありません。

【関連記事】
心の病気と有名人VOL6 バイ菌を恐れた大富豪
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項