アロマセラピーは、ストレスの多い社会で手軽にリラックスする方法として注目されています。アトピーには何か効果はないのでしょうか? 今回はアロマのアトピーに対する効果をご説明します。

アトピーにアロマは効果あり?

様々な精油が用意されています
「アロマセラピー」は香りを出す芳香植物(ハーブ)から抽出された100%天然の精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身の不調をケアする方法です。

アトピーの原因の一つに「ストレス」があります。(アトピーの原因を参照)。ストレスは、「かゆみ」があることでさらに増し、ストレスが増すと、さらにかゆみもひどくなって、アトピーは悪化してしまいます。アトピーのかゆみとストレスは、お互いに悪循環を生み出してしまうのです。(子供のストレス解消!を参照)。
アロマの中でも、
  • 鎮静効果
  • かゆみを抑える効果
  • 殺菌効果


のある精油(エッセンシャルオイル)は効果があるかもしれません。

次に、アトピーを緩和する具体的な精油をご紹介しましょう。


アトピーに使われる3つのアロマ


アトピーに使われる代表的なアロマは、次の3つです。

ティーツリー→殺菌作用
フトモモ科で、オーストラリアの原住民達に昔から使用されてきました。葉から抽出した精油には、免疫機能を高める作用があります。皮膚への刺激は少なめです。

ラベンダー(真正)→殺菌効果と鎮静作用
シソ科で、古代から薬用植物としてよく使用されています。花や葉から抽出した精油は流行病を防ぐといわれ、殺菌作用と鎮痛作用があります。

カモミール(ローマン)(ローマンカモマイル)→かゆみを抑える作用
キク科で、薄い青緑の精油でリンゴの匂いがします。花から抽出した精油には、かゆみや湿疹、乾燥肌に効果を示します。


精油の活用法

リラックスする香りが拡がります
精油をアロマセラピーとして使用する方法は色々です。
  • 芳香浴→香炉などを使って製油をミスト状で噴霧
  • 吸入→熱湯に精油を入れて蒸気で吸入
  • 入浴→バスタブに精油を入れて入浴
  • オイルマッサージ→精油を植物油で希釈して皮膚にマッサージ

  • など

それ以外にも、湿布やシャンプー、軟膏にして使う方法があります。

アロマでうまくリラックスできてストレスが減れば、かゆみを減らすことができます。アロマの自然な力をうまく利用して、ストレスの少ないアトピー改善をしたいですね。でも、アロマなどを利用した悪質なアトピービジネスには、絶対に騙されないように注意が必要です!
具体的には怪しい民間療法の見分け方を参照してください。


豆知識
精油:ハーブや果物から抽出した100%天然の油。濃縮された芳香植物のエッセンス。ハーブは「人間の生活に役立つ香りのある植物」と言われている。



<アトピーのウソ?ホント?シリーズ>
【第1回】怪しい民間療法の見分け方
【第2回】漢方薬でアトピーは治るの?
【第3回】水でアトピーが治るの?
【第4回】アトピーでも海や川に行けるの?
【第5回】アトピーでも山に行けるの?
【第6回】アトピーでも運動会も大丈夫!
【第7回】アトピーでもペットは飼えるの?
【第8回】カニ・エビアレルギー
【第9回】アトピーでもスキーは大丈夫?
【第10回】黄砂が飛ぶと、アレルギーが悪化!?
【第11回】予防接種の注意点 特にアトピーでは
【第12回】花火を快適に楽しもう!
【第13回】乾燥・温度差に注意! 飛行機内の過ごし方
【第14回】キレイ好きはNG?衛生環境でアトピー増加
【第15回】LOHAS的な生活はアトピーに有効?
【第16回】アロマテラピーはアトピーに有効?


<参考リンク先>

アロマセラピー(All About)

アトピー性皮膚炎(アロマでケア)

アトピー性皮膚炎(アロマセラピーセルフケア)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。