休み休み歩く
腰部脊柱管狭窄症

写真のタイトル
少し歩くと下肢に違和感や痛みが出て、少し休むと楽になり再び歩き出せるがまた休む・・・という場合は脊柱管狭窄症の疑いがあります。
背骨を構成する24個の椎骨には、管のように中空になっている部分があり、その中を脊髄神経が通っています。この管は脊柱管といいますが、この脊柱管が狭くなると、神経を圧迫し腰痛や坐骨神経痛の症状をおこします。歩くと下肢に痛みが出て歩けなくなり、少し休むと歩けるようになるのが特徴です。

腰部脊柱管狭窄症の治療法

写真のタイトル
タクシーやトラックの運転を仕事にされている方の腰痛発症率は高いです。毎日の仕事が腰痛の原因となることもあります。
神経の狭窄状態によっては、排尿障害など日常生活に支障がでることがあります。この場合以外は、手術よりも保存的な療法がとられます。狭窄による神経の圧迫と血流の回復を目的とし、病院では薬物療法、ビタミン剤、患部を温め血行回復、神経を麻痺させ痛みを取り除く神経ブロックなどがあげられます。狭窄自体は自然には治るものではないので、悪化をさせないことが大切です。

これまでご紹介させていただいた腰痛の症状に言えることは、『腰に負担をかけることを日頃から避ける』です。栄養、運動、習慣も含め日常をどのうように過ごすかで、腰部の老化の進行も変わっていきます。近年、研究の進んだ代替医療の有効性も証明されています。腰痛を起こさないための予防と、腰痛をおこした時に最良のアドバイスをくれる先生をみつけておくと安心ですね。

*腰痛の原因と治療法 関連リンク*
  • 危険!喫煙で腰痛のおそれあり
    from All About[肩こり・腰痛]
  • 温湿布と冷湿布の違いはナニ?
    from All About[肩こり・腰痛]
  • お腹の脂肪で腰痛に?
    from All About[肩こり・腰痛]

  • 腰痛にサヨナラする介護テク
    from All About[介護]

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項