心地よさで痛みが緩和? 肩こり・腰痛への温湿布・冷湿布の効果

肩こり

つらい肩こり…冷湿布と温湿布、どちらが効くのでしょう?

温湿布(温感湿布)・冷湿布(冷感湿布)は、肩や腰の調子が悪い時に手軽に使えるため、常備している人も多いようです。温湿布と冷湿布の使い方に違いはあるのでしょうか?

温湿布・冷湿布は、肩こりや腰の不調で気になる部分に貼ることで、症状が緩和されラクに感じます。「温湿布・冷湿布の、どちらを使えばよいのだろう?」と疑問に思うかもしれませんが、基本的には気持ちが良い、心地が良いと感じる方を選びましょう。 実際に貼ってみると、冷湿布はひんやり冷たく感じ、温湿布はポカポカ温かく感じます。このひんやり冷たい感覚、ポカポカ温かい感覚が続いている間は、肩周りや腰のコリ感が和らいでいるように感られます。

これは、痛みを感じる私達の脳と、コリのある部位をつなぐ神経の性質を使うことで、痛みが緩和され楽になったと感じているのです。脳へ痛みを伝える神経線維よりも、「湿布を貼ってヒンヤリする」「ポカポカ温かくて気持ちが良く触れられている」という感覚を伝える神経線維の方が太く、速く脳へ湿布の気持ちよい感覚を伝えるため、湿布を貼ることで痛みを抑制して症状が緩和されたように感じるのです。

 

また、湿布には、消炎・鎮痛剤が含まれているため、湿布を外したところ「痛みが消えた!」というケースもあります。

温湿布と冷湿布の使い分け方

温湿布と冷湿布は、ともに「心地よさ」で痛みを感覚的に和らげる効果があることがわかりました。では、効果に違いはないのか、使い分けは考えなくてよいのか、という疑問がわくと思います。

ここまでの話からですと、心地よければどちらでもよいということになりますが、「温湿布」と「冷湿布」に使われている成分の違いから、患部の状態により適している湿布を使うのがよいでしょう。

「温湿布」と「冷湿布」の成分の違い

「温湿布」には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシン。「冷湿布」には、冷たさを感じるメントールが配合されており、皮膚の感覚(心地良さ)に違いを出します。どちらの湿布も、血流の滞りを改善させるほどの筋肉の温度変化はみられないとされています。

「温湿布」「冷湿布」を貼ると、皮膚の温度が2~3度下がる・上がるといった変化がみられると言われています。ですが、この温度変化も直接的には筋肉のコリ解消へはつながらないようです。

ぎっくり腰には、温湿布と冷湿布のどっちがよい?

ぎっくり腰など突然、腰に強い痛みが生じた場合は、深部に炎症があり熱を持っていることも考えられます。ですから、皮膚だけとはいえ、温度を上げる可能性のある温湿布は、避けたほうがよいでしょう。

また、ぎっくり腰になって2~3日は、皮膚よりも深いところにある筋肉や組織の炎症に対して冷却の処置が必要です。ですから、湿布の使い方としては、アイスパックや氷嚢などでアイシングの後に『痛覚』抑制のために「冷湿布」をはり、痛みの感覚を和らげると良いと思われます。

慢性腰痛や肩こりには、温湿布と冷湿布のどっちがよい?

慢性的な腰痛や肩こりでは、ポカポカ温まる感覚の方が楽に感じるという人が多いようですので「温湿布」が良いかもしれません。とはいえ、慢性的な症状では、つらい感覚を少しの時間でも絶つことが大切なので、ご自身が気持ち良く感じる湿布剤を選びましょう。

また、湿布に含まれる薬剤でインドメタシン・ケトプロフェンなどは痛みのもとになる物質がつくられることを抑え炎症・鎮痛効果が得られます。ご購入前に薬局でご相談下さい。

インドメタシンなどが入った消炎・鎮痛効果の強いタイプの湿布と、それらが入っていない湿布、「冷湿布」と「温湿布」。これらの特徴をふまえて、使い分けていくことが理想です。しかし、肩こりや腰痛をおこすには原因があるはずですので、それをつきとめつつ、ツライときには湿布で心地よい、楽に感じる時間をつくるとよいでしょう。
免責事項