腰の骨にトゲ?
変形性脊椎症

写真のタイトル
腰椎骨盤用のベルトは、長期間の連続使用により筋肉が衰えることがあります。計画的に使用しましょう。
変形性脊椎症になってしまうと、腰痛がありレントゲンを撮った際、腰椎にトゲのような骨の突起が見つかります。 加齢により椎間板の老化が進み、腰を支える筋肉や靭帯が弱化した時に、トゲ(骨棘)ができます。骨棘があっても症状の出ない場合もありますが、不良姿勢などによる負荷がきっかけで、腰痛を起こすことがあります。骨棘のできる場所により下肢にしびれがでることも。


変形性脊椎症の治療法

姿勢を支える筋力が衰えたときに症状が出ることが多いため、日ごろから良い姿勢をこころがけ、体操などをして筋力を保てるようにしましょう。腰痛がある場合は、無理な運動は避けますが、筋肉の血行を促進させるように腰部を温め、仕事をする時だけ腰椎骨盤用のベルトを使用するのもよいでしょう。

次のページでは腰部脊柱管狭窄症についてお届けいたします>>