骨が切れてる?
腰椎分離症・腰椎分離すべり症

写真のタイトル
子供の頃にサッカーなど激しいスポーツをすると、負荷のかかる腰椎に分離をおこしやすいと言われています。
腰椎分離症は、腰椎の関節を成している関節の突起間(骨)が、切れている状態で、レントゲンで診断ができます。これを腰椎の分離といいますが、この状態の人全てに腰痛を感じるわけではありません。腰痛が分離により起きたと診断された時は「腰椎分離症」とよばれます。

腰椎分離により、上の骨(椎骨)が下の骨の傾斜に沿って滑り出てしまい、腰痛や足のしびれなどが出ると「腰椎分離すべり症」とよばれます。激しいスポーツにより腰椎に繰り返し負担がかかり、分離するのではといわれています。 


腰椎分離症・腰椎分離すべり症の治療法

子供が激しい運動をすることで、分離することがありますが、その時は運動を中止しコルセットなどで固定し腰への負荷を軽減させます。早い段階だと分離部分が癒合するとされていますが、癒合がされない場合や成人の場合、腹筋や背部の筋肉の強化が必要です。分離すべり症は状態により、固定をする手術を行います。

次のページでは変形性脊椎症についてお届けいたします>>