下っ腹が張る症状は、いわゆる「ガス腹」が原因?

お腹の張りは、生活習慣が影響することも

お腹の張りは、生活習慣が影響することも

「何だかお腹の調子がスッキリしない」と感じたことはありませんか? それは「ガス腹」のせいかもしれません。お腹にガスがたまって、ポコっとお腹が出たように感じたり、苦しく感じたりといった状態になり悩んでいる方は多いです。

食事、運動、ストレス解消……とお腹の張りを生じる「ガス腹」に効果的な方法はいくつかありますが、今回はそれに加えてできる簡単な解消法をご紹介しましょう!
 
 

下腹部ぽっこり……腸内にガスが溜まりすぎる原因

レントゲンでお腹のガスが認められることもあります。

レントゲンでお腹のガスが認められることもあります。

下腹部の張りやぽっこりした感じが気になり病院を受診。お腹のレントゲン写真を撮ったところ、お医者様に「これはガスですよ~」と説明され恥ずかしい思いをした、という方がいらっしゃいましたが、お腹に過剰にガスがたまってしまう人も少なくはありません。

■過剰にガスがたまる原因は?
  • 食事の際に、食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまう
  • 無意識のうちに空気を飲み込んでしまう
  • 「刺激がたまらない!」と炭酸飲料、ビールは欠かせない
  • 食事はついつい早食いになってしまう
  • ガムを噛む習慣がある
  • ストレスを感じやすく、気持ちが安らげない
  • 「健康のため!」と思い、乳製品、豆製品を摂りすぎてしまう

上記のように、空気を飲み込んでしまう原因となるものや、体内でガスが発生するような食べ物、飲み物が原因となる場合などがあります。
 

下っ腹の張りだけではないガス腹の症状

乳製品の摂り過ぎや納豆、キャベツでもガスが出やすくなります

乳製品の摂り過ぎや納豆、キャベツでもガスが出やすくなります

「今日はお腹が張るなぁ……」という時は、腸内にガスがたまっているかもしれません。腸の張力に過敏な人であれば、少しガスがあるだけでも張りや痛みを感じやすい場合がありますが、ガスがたまっていても、自覚症状は無くお腹がポコっと出ているように感じるだけの人もいます。

不快感には個人差があるのですが、ツライとは思わなくても、お腹を健康状態のバロメーターとして見た場合、過剰にガスがたまるという状態が続くことは、なるべく避けたほうが良いと思います。
 

腰の筋肉が硬いこともガス腹の一因に……

腰の筋肉に過度な緊張が起きてしまうことも関係するケースがあります

腰の筋肉に過度な緊張が起きてしまうことも関係するケースがあります

お腹にガスがたまりやすい場合は、食事や飲み物の内容や早食いの習慣などを見直したり、お腹を締め付けない下着や服を着ることなどで緩和されるケースもあります。

しかし、仕事での緊張感から気づかない間に、空気を飲み込んでいる人、またストレスにより腸内にたまるガスへ過敏な反応を示す人もいます。その場合、腰部の筋肉がリラックスできず、硬く緊張しているという共通点を見出せる場合があります。
 

座ってできる! ぽっこりお腹をスッキリさせる腰トントン刺激法

腸内のガスを体外へ排出するには、腸の正常な働きも重要です。腸の機能異常は、腰部の筋肉がリラックスすることで、改善される例もありますので、まずはリラックスの刺激を与えてみましょう。トントン始める前にホットパックや湯たんぽなどで10分間ほど腹部を温め、腹部の筋緊張も和らげておくとリラックスしやすいです。
 
イスに座り、手はイスへ触れる位置へ置き、お尻の線のすぐ脇をポンポン軽やかに叩きます。叩く振動がその周囲へ広がるような気持ちの良い叩き方になるようにします。 そのまま、叩く位置を上へずらしていきます。骨のある位置になりますが、あたりが痛ければ避け、気持ちが良いと感じる部分にだけ刺激を入れます。
次にご自分のウエストの位置を確認しましょう。 確認したウエストラインのすぐ下部をポンポン叩きます。
5 そして、ウエストラインの上部も同様に叩きます。この時、背骨を挟む位置になるようにします。 6 手が届く範囲で、腰の上部にずらして叩いてみましょう。

ポンポンと骨盤の中央や腰部を叩くときに、手のどこが当たるかによっても、振動の伝わり方や気持ち良さが違ってきます。気持ちよく腰の筋肉がリラックスできるように、叩く手の当たり具合なども変えてお試しください。

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で腰痛対策用品を見る
Amazonで腰痛対策グッズを見る
 

関連記事

呑気症(空気嚥下症)とは…苦しいお腹の張り・げっぷ
お腹の脂肪で腰痛に?
お腹の痛みはストレスかも?機能性ディスペプシアとは

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項