「いま、ここ」で良い相棒に
出会えた幸せを噛みしめるべし

今この人に出会えて幸せ、と思っていますか?
「色々あったけど、今この人と出会えて幸せ。この出会いを大事にしよう」という気持ちが大切
恋愛相手に親のような役割を期待してしまう人は多いですが、前ページで述べたように、恋愛相手は親ではなく「相棒」なのです。

「こんな私(俺)でも受け入れてよ」「わがままを聞いてよ」というように要求ばかりが多く、与えることが少ない人と恋愛をしているうちに、たいていの相手は「この人と長い人生を一緒にやっていけるだろうか」「結婚や子育ても一緒に頑張っていける相手なのだろうか」と考えてしまうものです。恋愛のスタート地点での力関係など、付き合ってしまえば関係ありません。

親からの愛情への不満、周りの大人への恨みなどさまざまな思いがあるかもしれませんが、「それはそれ」と受け流し、「いま、ここ」で良い相棒に出会えた幸せを実感することが大切です。そして、お互いへの信頼や絆を強くする恋愛に心を向けていかなければ、いつまでたっても幼い頃の愛情への飢餓感に裏付けたられた恋愛から卒業することはできないでしょう。


わがままばかり言うのは、
そもそも“わがまま”だから

恋愛相手を大事にしていますか?
相手を大事にしていたら、わがままや傷つくような言葉をしょっちゅう言わないはず!
ちょっと厳しいことを言うかもしれませんが、そもそもわがままばかり言ったり、キツく当たって関係を微妙にしてしまうのは相手を大切に思っていないからでもあるのです。その心の裏には、「私(俺)のことを好きなら、このくらい言っても受け入れてくれるだろう」「この程度のわがままに耐えられなければ、私(俺)と恋愛する資格はない」というような奢りがあるのです。

その証拠に、恋愛のしょっぱなにはそんな態度で相手に接していなかったはずです。また、好印象に見られたい相手、大切にしたい相手にはそんな態度で接していないはずなのです。このように、付き合っているうちに相手のことを大切にできなくなり、欲求や感情ばかりを押し付けてしまうのは、その人自身の身勝手さでもあります。

しかし、どちらかが身勝手な要求を押し付けていくと、人間関係は破綻するか、冷たい関係のまま続くかのどちらかになるでしょう。

恋愛関係は、一生を共にするかもしれないパートーナーとの大切な準備期間でもあります。したがって、大切な相手を失わないよう、気をつけながら付き合っていく必要があるのです。


*     *     *     *     *     *     *

ガイドサイトの更新情報が分かる無料メールマガジンをぜひご購読ください!(月2回発行)



もっと情報!関連リンク

  • 愛するほど憎しみが増すのはなぜ

  • ストレスを大きくする人、小さくする人の差

  • 友だち付き合いのうまい人、下手な人

  • 「一人暮らしのうつ」は、こう防ぐ!

  • 自然な「笑顔美人」になるためのポイント3

  • 「欲求不満」に強い人は、ここが違う!
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項