鼻がムズムズ、目がしょぼしょぼ……。毎年辛い症状に悩まされる花粉症ですが、春になる前に今から対策をするのが賢明です。今回はランチやお弁当の選び方から、気になる症状別のおすすめドリンクまで、オフィスでできる花粉症対策をご紹介します!

【 INDEX 】
・オフィスで花粉症対策1~お弁当・ランチ編⇒ p.1
・オフィスで花粉症対策2~ドリンク編⇒ p.2

オフィスで花粉症対策1~お弁当・ランチ編

イメージ
今日食べたものが3ヶ月後のカラダを作っている。今からレッツトライ!
以前「花粉症になりやすい度チェック!」でも紹介しましたが、漢方では、体内に余計な水分がたまっていたり、水分代謝が悪い人が花粉症になりやすいとされています。

カラダに余分な水分が溜まると漢方では「湿」と呼びますが、これらは食生活が一番の原因とされます。とくに甘いもの、脂っこいもの、生ものはNGです。具体的な食べ物を挙げてみましょう。

湿を呼ぶ3つのNGフード
1.甘いもの
チョコレート、ドーナツ、ケーキ、クッキー、ジュースなど

2.脂っこいもの
トンカツ、てんぷら、唐揚げ、ラーメン、ピザ、バターたっぷりのフレンチなど

3.生もの・冷たいもの
刺身、ビール、お冷、きゅうりやレタスなどの生野菜、アイスクリームなど


こう考えると和食中心の食事が一番のようですね。ただし、日本は照り焼きやすき焼きなどのように、お砂糖を使った料理法が多いのも事実です。調味料に使うお砂糖の量を工夫をすると、よりいいでしょう。


次のページでは、花粉症の症状別にわけたオススメ飲み物をご紹介します!