チーズを食べると内臓脂肪が減少

内臓脂肪
皮下脂肪(黄色)ではなくて内臓脂肪(赤色)を減らしましょう!
チーズは脂肪が多いので肥満には大敵と考えられがちです。単純に考えれば脂肪が多いチーズを食べれば、内臓脂肪も増加するように思えます。

ところが、ネズミの実験では、チーズを食べさせたネズミは、食べさせないネズミと比較して、血中の脂肪(中性脂肪、コレステロール)が減少、内臓脂肪が減少、アディポネクチンは維持される事がわかりました。

チーズの有効成分はチーズペプチド

牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるのは乳糖が原因です。この乳糖は乳酸菌が減らしてくれるので、牛乳が苦手な人もチーズならば、お腹をこわす心配はありません。

チーズは乳酸菌が乳糖を分解するので、牛乳から糖質を抜いた成分が固まったものと考えられがちですが、乳酸菌は牛乳中の乳糖分解するだけではないのです。

牛乳を加熱すると固まる成分はカゼインと呼ばれる大きな蛋白質です。乳酸菌はこのカゼインを小さいペプチド(アミノ酸が複数結合したもの)に分解します。これをチーズペプチドと呼びます。チーズペプチドには、いろいろな効果があります。今回の実験も、チーズペプチドが関係している可能性が高そうですね。

内臓脂肪が気になる方には、ワインと一緒にチーズをお薦めします。


家庭の医学関連リンク

  • 尿酸が高いのは内臓脂肪を蓄えている証拠
  • 生活習慣病の原因は皮下脂肪ではありません 内臓脂肪を断て!
  • 日本版メタボリックシンドロームの診断基準 ウエストサイズに要注目!
  • 健診で異常なし?腹囲増加!体重増加!血圧高め! あなたもメタボリック症候群かも
  • 歩いて地道に減らしましょう 太っ腹を何とかしたい!
  • 脂肪肝は生活習慣病への近道 飲酒は歩くフォアグラへの道
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項