どうして「胃が大きくなる」とか「胃が小さくなる」と感じる気がするのでしょうか?

まだわかっていない部分もありますが、食べる量を減らすと、一回に食べられる量が減りますよね。この状態を一般的に「胃が小さくなった」と表現するのだと思いますが、これは「胃が機能的に小さくなった」と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

つまり、胃という臓器は、見た目の容量よりもはるかに複雑な機能を持っていて、食べたものを伸びて溜め込む、消化する、順次送り出すという作業を繰り返しているわけです。こういった「機能」が実は非常に大きい意味をもっていると考えるとわかりやすいと思います。例えば、すごく身近な例を挙げますと、かぜをひくと途端に食べられなくなりますよね。

余談になりますが、海外では最近肥満に対する胃の手術が行われていますよね。そういった手術は胃の容量が減るというだけでなく、胃の機能も落ちるためやせると考えたほうが良いでしょうね。


==============
なるほど、ガイド的にもこれは目からウロコのお話でした。

「胃が大きくなる」「胃が小さくなる」というお話は、実際に胃が大きくなったり小さくなったりするという一般的なイメージではなく、「機能的に」「大きくなったり」「小さくなったり」するのかもしれないですね。



*関連おすすめINDEX*
  • ダイエットにまつわる7つのウソ・ホント

    【女性の健康 人気記事ベスト5】
     1位: 「ダイエットにまつわる7つのウソ・ホント」
     2位: 「メタボリックシンドロームって何?」
     3位: 「宿便なんてウソ? 便秘を改善する基礎知識」
     4位: 「夜食ってホントに太るの?」
     5位: 「寝すぎで頭痛が起こるのはなぜ?」
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項