今回、Word 2007で作成する2軸グラフ
今回、Word 2007で作成する2軸グラフです
前回の「2軸グラフを作成する(2003)」では、Word 2003を使って2軸グラフを作成する方法を紹介しました。今回は、まったく同じ表を使ってWord 2007で2軸グラフを作成する方法を説明します。Word 2007では、原則としてExcel 2007を使ってグラフを作成しますので、Word 2007とともにExcel 2007もインストールされていることを前提にします。

なお、グラフ作成前と作成後のWord 2007文書を用意しましたので、以下からダウンロードして練習用にご利用ください。

グラフ挿入前のWord 2007文書
グラフ挿入後のWord 2007文書

【目次】

Word 2007では文書中の表からダイレクトにグラフを作れない

Word 2007では、グラフの作成方法がWord 2003から大幅に変更されています。具体的には、これまで使われていたMicrosoft Graphというツールではなく、Excel 2007を使ってグラフを作成する仕様に変化しています(注)。

Excel 2007の機能をそのまま利用するので、作成できるグラフの種類やデザインは大幅に増え、操作性も向上しています。Excel 2007の操作に慣れていれば、それをそのまま活かせるメリットもあります。ただし、1つだけとても残念なことがあります。それは、従来と同じ方法でWord文書中の表からグラフを作成できなくなったことです。

Word 2003までは、表を選択したあとでグラフを作ると、表を元にしたグラフがすぐに作成されましたが、Word 2007ではそうなりません(興味のある方は試してみてください)。

しかし、今回紹介する方法を使えば、文書中の表を元にしたグラフを作成できます。前回の記事「2軸グラフを作成する(2003)」で作成したのと同じグラフを、Word 2007で作成する手順を説明しながら、そのあたりをしっかり解説したいと思います。

(注)
Word 2007とExcel 2007がともにインストールされている場合です。Excel 2007がインストールされていない場合は、従来と同様にMicrosoft Graphが起動してグラフを作成できます。

まずはサンプルのグラフを作成する