ワードの編集機能を使えば効率的な文書作成ができる

検索や置換、カーソルジャンプ、コピーや貼り付けなど、Wordには文書を編集するさまざまな機能が用意されています。いずれも派手ではありませんが、実際に文書を編集する際には、なくてはならない機能ばかりです。

たとえば、「覚えておきたいアンドゥ操作(2003/2007)」では、実行したコマンドを取り消す「アンドゥ」という機能を紹介しています。アンドゥを知っているだけで、間違ってもすぐに取り消すことができるようになるので、ずっと安心してWordを利用できるようになります。また、「文書内を参照しながら編集する(2003/2007)」では、文書の別々の場所を同時に表示して編集する機能を説明しています。この機能を活用すれば、離れた場所にある表や図を見ながら文章を入力することができます。

このように、編集機能の使い方を覚えると、無駄な作業や作業の繰り返しが減って、ずっと効率的に文書を作成・編集できるようになります。ぜひ積極的に活用して、文書作成に役立ててください。

Word 2003の[編集]メニューには、検索・置換、ジャンプなどの編集用の機能が用意されています
Word 2003の[編集]メニューには、検索・置換、ジャンプなどの編集用の機能が用意されています


【関連記事】
  • 箇条書きで[Enter]と[Shift]+[Enter]の使い分け
    [Enter]キーと[Shift]+[Enter]キーを使い分けて、個条書きを効率的に作成する方法を紹介します。
     
  • 文字にふりがなを付けよう
    読みが難しい人名や地名、独自の読み方をする企業名や商品名などには、ふりがな(ルビ)を付けると親切です。ワードでは、簡単な操作で文字にふりがなを付けることができます。
     
  • ワードの貼り付けオプションを活用しよう
    「貼り付けのオプション」は、文字や表を貼り付けたあとで、貼り付けるデータを切り替える機能です。たとえば、表を貼り付けたあとで、「表の罫線だけ消して、表のデータだけを残す」といった処理ができます。
     
  • Webページから文字や画像を取り込む(2003/2007)
    Wordで文書を作成するとき、Webページの情報を参考にすることは多いでしょう。ここで紹介する機能を利用する、Webページから情報を簡単に取り込むことができます。取り込んだあとで、文字だけを残すことも可能です。
     
  • 文書内を参照しながら編集する(2003/2007)
    ウィンドウを分割すると、同じ文書の別々の場所を参照しながら編集することができます。長文を作成するときは、特に活用したい機能です。
     
  • 気になる箇所には蛍光ペン(2003/2007)
    本や雑誌、資料を読んでいて気になるところにマーカーで色を付けた経験のある方は、多いと思います。Wordで同じことを実現する機能が「蛍光ペン」です。
     
  • 別の文書を取り込む(2003/2007)
    編集中の文書に別の文書を取り込む方法を紹介します。過去の文書を流用したり、複数のメンバーで分担して文書を作り、1つにまとめたりするとき使えるテクニックです。
     
  • 同じ文字をすべて選択する(2003/2007)
    Word 2003では、文書中の同じ文字を同時に選択することができます。同じ言葉に太字や斜体などの書式を一括設定したいときなどに便利です。
     
  • 覚えておきたいアンドゥ操作(2003/2007)
    コマンドを取り消す機能が「アンドゥ」です。操作を間違ったときは、あわてず[Ctrl]+[Z]キーでアンドゥするのが大切です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。