本や雑誌、資料を読んでいて気になるところにマーカーで色を付けた経験のある方は、多いと思います。Wordで同じことを実現する機能が「蛍光ペン」です。文書中に気になる箇所があったら、蛍光ペンで自由に色を付けることができます。今回は、この蛍光ペンの基本的な使い方を紹介し、表示/非表示の切り替え方法を説明します。

蛍光ペンの付け方(2003/2007)

蛍光ペンで色を付ける方法は、基本的に次の2つです。
  • 方法1:[蛍光ペン]ボタンをクリックしたあと文字を選択する
  • 方法2:文字を選択したあと[蛍光ペン]ボタンをクリックする。
方法1では、[書式設定]ツールバーにある[蛍光ペン]ボタン(Word 2007では[ホーム]タブの[フォント]グループにあります)をクリックし、押し下げた状態にしたあと文字をドラッグします。この方法では、もう一度[蛍光ペン]ボタンをクリックし、押し下げた状態を解除するまで蛍光ペンが有効です。したがって、複数の文字に続けて蛍光ペンを付けたいとき便利です。

1.[書式設定]ツールバーにある[蛍光ペン]ボタンをクリックして押し下げます。
[書式設定]ツールバーにある[蛍光ペン]ボタンをクリックして押し下げます
[書式設定]ツールバーにある[蛍光ペン]ボタンをクリックして押し下げます


2.文字をドラッグすると、次々に蛍光ペンを付けられます。
3.終了するには、[書式設定]ツールバーにある[蛍光ペン]ボタンをもう一度クリックします。
文字をドラッグすると、次々に蛍光ペンを付けられます。終了するには、[書式設定]ツールバーにある[蛍光ペン]ボタンをもう一度クリックします
文字をドラッグすると、次々に蛍光ペンを付けられます。終了するには、[書式設定]ツールバーにある[蛍光ペン]ボタンをもう一度クリックします


方法2では、先に文字を選択してから[蛍光ペン]ボタンをクリックします。この場合は、選択した文字に蛍光ペンが付き、すぐに文字入力できる状態に戻ります。つまり、一箇所だけに蛍光ペンを付けたいとき便利です。

1.先に文字を選択します。
2.[書式設定]ツールバーの[蛍光ペン]ボタンをクリックします。
先に文字を選択して、[書式設定]ツールバーの[蛍光ペン]ボタンをクリックします
先に文字を選択して、[書式設定]ツールバーの[蛍光ペン]ボタンをクリックします


3.蛍光ペンが設定されて、すぐに文字入力できる状態に戻ります。
蛍光ペンが設定されて、すぐに文字入力できる状態に戻ります
蛍光ペンが設定されて、すぐに文字入力できる状態に戻ります


蛍光ペンの消し方(2003/2007)