文書中の同じ文字、たとえば「Word」という文字をすべて太字にしたいとき、皆さんならどうしますか? 「Word」という文字を1つ1つ検索して、太字を設定するでしょうか。それも1つの方法ですが、もっと便利な方法があります。今回は、その方法を紹介します。

同じ文字を選択状態にする

ビジネス文書を作っていて、文書中に出てくる自社の商品名をすべて赤で表示したいといったケースでは、検索機能を使って商品名を検索し、文字色を設定するのがオーソドックスな方法です。

ただし、この方法だと、探すべき文字が多いと時間がかかって大変です。そんなときは、文書中の同じ文字をすべて選択状態にしましょう。次は、文書中の「日本語」という文字をすべて選択した画面ですが、この状態にできれば、あとはツールバーのボタンを使うだけで文字色を設定できます。もちろん、利用するボタンを変えれば、下線やフォント、文字サイズなどを一括設定することも可能です。

文書中の「日本語」という文字をすべて選択した状態。この状態にすれば、あとはボタンをクリックするだけで文字色や太字、下線を一括設定できます
文書中の「日本語」という文字をすべて選択した状態。この状態にすれば、あとはボタンをクリックするだけで文字色や太字、下線を一括設定できます



文書中の同じ文字をすべて選択して赤にする(Word 2003)