豊かな表現力を手に入れたテキストボックス

雑誌や新聞風のレイアウトを実現したり、コラム作成に欠かせないのがテキストボックスです。Word 2007では、テキストボックスの機能も大幅に強化されました。論より証拠、さっそくテキストボックスを作ってみましょう。

1. [挿入]タブに切り替えます。
2. [テキスト]グループの[テキストボックス]ボタンをクリックし、メニューを開きます。

[テキスト]グループの[テキストボックス]ボタンをクリックしてメニューを開く。
[テキスト]グループの[テキストボックス]ボタンをクリックしてメニューを開く。


3. いろいろサンプルが用意されていますが、ここでは[テキストボックスの描画]を選びます。

[テキストボックスの描画]を選択
[テキストボックスの描画]を選択する。


4. マウスをドラッグしてテキストボックスを作り、文字を入力します。

テキストボックスを作成して文字を入力する。
テキストボックスを作成して文字を入力する。


5. [テキストボックススタイル]グループのスタイルの一覧で[その他]ボタンをクリックし、スタイルの一覧を表示します。
6. 設定したいスタイルをクリックして選択しましょう。やはりここでも、マウスポインタを動かすとテキストボックスのスタイルがリアルタイムで変化します。

表のスタイルを設定する。
表のスタイルを設定する。


7. テキストボックスのスタイルが設定されます。

表のスタイルが設定される。
表のスタイルが設定される。


また、[テキストボックス]ボタンをクリックしたとき表示されたように、テキストボックスにはさまざまなサンプルも用意されています。これらのサンプルを利用すれば、中の文字を書き換えるだけで美しいテキストボックスを作成できます。テキストボックスの表現力が、従来よりワンランクもツーランクも向上していることが、お分かりいただけると思います。

今回紹介したのは、Word 2007が持つ新機能のほんのわずかです。まだまだ紹介しきれなかった機能がたくさんありますので、「使ってみたい!」という方は、ぜひ以下のダウンロードサイトからβ版をダウンロードして、試してみてください。

http://www.microsoft.com/japan/office/preview/default.mspx

なお、Word 2007のSmartArtやグラフ作成機能などは、Excel 2007やPowerPoint 2007とも共通した機能ですので、Excel 2007、PowerPoint 2007の記事もぜひ併せてご覧ください。

【関連記事】
■「Excel 2007はこう変身した!」(Excelの使い方)
■「PowerPoint 2007はこう変身した!」(PowerPointの使い方)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。