リボンを使った用紙設定

用紙サイズや余白を設定するとき、これまではメニューバーから[ファイル]→[ページ設定]を選択して[ページ設定]ダイアログボックスを開き、タブを切り替えて設定していました。

ところが、新しいWord 2007はメニューバーがありませんから同じ操作はできません。かわりに使うのが「リボン」です。たとえば、用紙サイズを変更するなら、[ページレイアウト]タブをクリックし、[ページ設定]グループの[サイズ]ボタンをクリックして用紙サイズを選択します。

[ページレイアウト]タブをクリックして[ページ設定]グループの[サイズ]ボタンをクリックして用紙サイズを選択
[ページレイアウト]タブをクリックし、[ページ設定]グループの[サイズ]ボタンをクリックして用紙サイズを選択する。


余白の設定も同様にリボンを使います。[余白]ボタンをクリックするとメニューが開くので、そこから余白を選択します。

[余白]ボタンをクリックしてメニューから余白を選択する。
[余白]ボタンをクリックし、メニューから余白を選択する。


では、これまでのような[ページ設定]ダイアログボックスはなくなってしまったのでしょうか? そんなことはありません。[ページ設定]グループの右下にある「ダイアログ ボックスランチャー」というボタンをクリックすれば、見慣れた[ページ設定]ダイアログボックスが開きます。用紙サイズや余白を数値で細かく設定するときは、[ページ設定]ダイアログボックスを開いて設定することになります。

[ページ設定]グループの右下にある「ダイアログ ボックスランチャー」。
[ページ設定]グループの右下にある「ダイアログ ボックスランチャー」。


ダイアログボックスランチャーをクリックすると[ページ設定]ダイアログボックスが開く。
ダイアログボックスランチャーをクリックすると[ページ設定]ダイアログボックスが開く。


リアルタイムで確認できる書式設定