リクルートスーツ、どうやって買えばいいですか?

リクルートスーツ
自分が映えるスーツを買うことで、面接で自分をより良く伝えよう。
私は最近、まともにネクタイをしていない。クールビズの浸透により、夏は半袖のシャツで、ネクタイをつけなくてもカッコイイ(と勝手に思い込んでいる)シャツを着ている。パンツは黒かグレーの無印良品で買ったスラックスを履いている(もちろん、スーツを着るべき時にはちゃんと着てるよ)。寒くなってきたらウォームビズn切り替え。ネクタイが主流ではあるが、ハイネックセーターやアスコットタイなど、最近は少々カジュアルも許されてきているようだ。

さて、就職活動と言えば、リクルートスーツが基本である。では、リクルートスーツにクールビズ、ウォームビズの影響はあるのだろうか?

最近は、企業によって「私服でも可」「普段着でお越しください」と呼びかけている企業も多く、就活生が抱いている「クールビズは絶対NG」という考え方はだいぶ和らいでいるようだが、まだまだ大体の会社において“社会人の正装=スーツ”なのだ。

クールビズやウォームビズは、あくまでも社会人、つまりその職場の雰囲気を理解している人だけができる服装であり、ほとんど初対面である企業に赴く就活生には相応しくない。さらに、面接では目上の人に敬意を払い不快感を与えない服装が要求される。よって、ビジネスに通用する、リクルートスーツを購入することになる。

というわけで、今回はリクルートスーツを買う時のコツを書いてみたい。結論はタイトルに書いたとおり、「就職活動用のスーツを買うな!」ということだ。
  • 入社後を視野に入れること
  • 面接に相応しいこと
  • 自分が映えること
この3点がポイントなのだ。

※次のページは、リクルートスーツの買う時のコツを学ぼう!
※もし、「服装自由」と指示された場合、私が薦めるのは「クールビズ」「ウォームビズ」だ。自由だからと言って、Tシャツや穴の開いたジーパンはNG。なぜなら、その職場や会議室に相応しい服装であることが最優先だからだ。面接官はきっとリクルートスーツでは見出しにくい「君」を知るために「服装自由」とするのであろう。よって、服装を通して「貴社の職場をイメージした」ことをアピールするべきであり、決して君の自由を押し付けるだけでは自己PRにならないのだ。尚、着こなしに関しては以下のサイトを参考にしよう。