スーツの選び方のポイント3つ

新社会人の方、一着はこれを持とう

値段は10万円と決して安い買い物ではありませんが、トレンドに左右されないので長く着れて、そして体型補正が抜群です。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/196425/

体にフィットしたジャケットの見極め方

自分の身体に合っているか、そしてスーツの縫製の良し悪しを一発で見抜く方法は、「ジャケットを着たまま腕を水平に挙げてみる」こと。そうすると、違いは一目瞭然なので、記事にて確認してみてください。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2167/

“濃度で使い分け”グレーパンツの着こなし

使い勝手のいいグレーパンツですが、色の濃さによって見た目の印象は変わってきます。色が薄いほどカジュアルに見えるので、通勤用にはチャコールなどダークグレイがいいでしょう。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2080/

知っておきたいお手入れやメンテナンス法2つ

すぐにできるスーツのお手入れ術

お手入れの基本はブラッシング。ブラッシングをすると埃が取れますので、帰ったら玄関の外でまずブラッシングをしましょう。また、帰宅後にハンガーに吊るした状態で、除湿機の風を下から直接当てると、水分が飛んでカビの予防にもなります。

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/196422/

忙しいときのシャツのアイロン術

フルアイロンが基本ですが、どうしても時間がない時に、目立つところだけかける方法を伝授致します。かけるべきポイントは、「襟と袖」「袖カフ」そして「Vゾーン」です。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2032/

これってフォーマルじゃないの?知らなきゃまずい知識3つ

フォーマルのときのパンツの選び方

正式なフォーマル用の衣裳では、パンツはシングルが基本です。特に結婚式では、ダブルは「重ねる」「返す」という忌み言葉につながりますので、なるべく着用しないほうがいいでしょう。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2169/

知っておきたいシャツ事情

シャツにはいくつか種類がありますね。その中でもボタンダウン、これについては知っておく必要があります。ブルックスブラザーズが生み出したというボタンダウンシャツは、カジュアルシャツに属するものなので、フォーマルな席でNGなのはもちろん、ビジネスシーンでも本来はMGです。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2125/

羽根は外?内?

靴の羽根(靴紐を通す穴があいている箇所)が外か内かによって、ドレスかカジュアルかが決まっています。どちらがドレスにふさわしいのかは、こちらで確認してみてください。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/792/

スーツやシャツに関する豆知識4つ

スーツの袖、本切羽って何?

スーツのジャケットの袖ボタンが開くようになっているのを本切羽といいます。“クラシコイタリア”偏重主義の日本では、高級スーツ=本切羽となっていますが、英国式のスーツでは開きみせ(袖が開かない)が基本です。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2128/

半袖シャツを着ているあなたへ

夏の必需品になっていることも多い半袖のドレスシャツですが、着用しているのが先進国では日本とアメリカぐらいなこと御存知ですか?ヨーロッパで半袖のドレスシャツを着ていると、バカにされるそうです。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2107/

シャツの胸ポケ事情

特にヨーロッパでは、ドレスシャツにポケットはついていません。ポケット付きはカジュアルシャツという位置づけのようです。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2124/

暑いときは“ローン”で

最近では高機能のシャツが発売されたりしていますが、暑くてもコットンを着たい!という人には、ローンやボイルなどの夏生地のシャツをおすすめします。「ローンのシャツをください」と訪ねて「何回払いでしょうか」と聞かれたら、そのお店からは即刻出ましょう。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2241/

靴・靴下に関する豆知識2つ

靴下選びも重要です

柄物の靴下が流行ったりもしていますが、上級者じゃなければなかなか難しいでしょう。でも、「全部黒でいいじゃん」ではちょっと残念すぎますよね。スーツと靴下の色は同系色が基本です。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/2208/

散髪したら靴も磨こう

なかなか時間がなくて靴磨きができない人は、プロの靴磨き職人にお願いしてみてはいかがでしょう?最近では郵送での靴磨きに対応してくれるお店もありますので、月に1度くらいは磨いてもらいましょう。

出典: http://allabout.co.jp/tipsplus/tips/detail/371/