ブランド経営の背景

技術や商品機能だけでは顧客価値や競争優位性を発揮しにくい時代。
新たな価値や収益源を生む資源は何か?

ブランドはそうした背景から、無形の経営資源として注目された。

ブランドがもたらす経営メリット

下図をご覧いただきたい。
ステークホルダーごとにメリットが提示されている。


ブランドは、ステークホルダーに利害なき「共創のハーモニー」をもたらす。

それでは次ページでブランド経営について紹介する。