たくさんのお客さんと会おう

営業マンの成果は『お客さんをどれだけ喜ばせられたか』と『喜ばせることの出来たお客さんの数』で決まります。

いわば、質と量です。そして、その質と量の両方を増やすコツが『たくさんのお客さんと会う』ことなのです。

あなたの会社の商品・サービスをどれだけ喜んでくれるかは、お客さんによって違います。人によっては大いに喜んでくれ、人によってはその価値を理解してくれません。たくさんのお客さんに会うことで、大いに喜んでくれるその人を探すのです。

そして、よりたくさんのお客さんに会うことで、そんな『大いに喜んでくれるその人』との出会いの数も増えていくのです。

営業の効率を求めていく考えも重要ですが、そのまえに数です。
数は質を凌駕するというのは嘘ではありません。

凡事徹底をこころがけよう

「約束は守ろう」
「たくさんのお客さんと会おう」

この2つは、どちらも基本的なことです。ですが、その基本的なことは日常の中で忘れがちになることもあります。だから、定期的に振り返って、それを忘れないようにしたいものです。

仕事に慣れてきた、そんな今だからこそ、より意識したいものですね。

 


■関連サイト

あたりまえだけどなかなかできない営業のルール



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。