自分の性格を直したい人はどうしたらいい?

うんざりする自分の性格を変えたいと思ったら?

うんざりする自分の性格を変えたいと思ったら?

あなたはどんな性格ですか?自分の性格を好きでしょうか?自分はひねくれた性格、またはきつい性格であり、そんな嫌な性格を良くするにはどうすればよいかと悩む人は少なくありません。性格とはどうすれば変えられるのでしょう?そもそも、本当に変えられるのか、その改善方法を探ります。

性格は直そうとしても直らない

「あんなに明るい性格だったら私もモテるのに」
「あれだけ前向きになれたら仕事もうまくいくだろうなあ」

自分の思うように物事が進まないとき、仕事もプライベートもうまくいっている人を見てうらやましくなる。そして、なんとか自分の性格を変えられないかと思う。この記事を読み始めたあなたはそんな状況にいるかもしれません。

でも最初に伝えておきますが、性格は直そうと思っても直りません。

なぜなら、あなたの性格は30年以上もかかって創られてきたものであり、あなたの頭にも体にもしっかりと記憶されているからです。そんなに簡単に忘れたり、別の人間に生まれ変われるわけがありません。

そして何よりも、性格を直そうとすること自体が、直したいと思っている性格をかえって強化していくからです。

たとえば、「消極的な自分を積極的な性格に変えたい」と思っているとしましょう。そのときにまず意識に上るのは「消極的な自分」です。「こんな性格ではなくて、積極的な性格になるんだ」と言い聞かせても、あなたに刻み込まれるのは本当は直したいはずの「消極的な性格」なのです。

あなたは自分にダメ出しをしている

そして、もう一つおまけがあります。自分の嫌な性格を変えようといているときに、自分に対してあるメッセージを出しているのです。

それは「今の自分はダメな自分だ」というメッセージです。つまり、自分自身に対してダメ出しをしているわけです。それを続けるとどうなっていくと思いますか? 試しに声に出して繰り返し自分に言ってみてください。

「今の自分はダメな自分だ」「今の自分はダメな自分だ」「今の自分はダメな自分だ」「今の自分はダメな自分だ」「今の自分はダメな自分だ」

また、こんなイメージを想像してみてください。あなたがマラソンを走っていて、沿道の観衆から、「そんな走りじゃダメだよ」「そんな身体じゃダメだよ」「そんな性格じゃダメだよ」という声を投げかけられている様子です。

おそらく、元気がなくなり、嫌な気持ちになっていったでしょう。このように、性格を直そうとしてもほとんどが失敗して、余計に落ち込んでしまうという悪循環に入ってしまうのです。

それでは、性格を直したいとき、どうすればいいのでしょう?

もし、自分の力を信じてくれる人がいたら?

性格を直したいあなたに必要なのは、性格を直すことではありません。まずはどんな性格でも受け入れることです。先ほど出したマラソンのたとえでいえば、どんな状態で走っているのであれ、「がんばれ!」と心からの温かい声援を送ってあげることです。

もし、「自分に声援を送ってくれる人はいない」「そんなイメージは思い浮かばない」という人がいたら、ぜひ、コーチをつけてコーチングを受けてみてください。

コーチングとは質問されて答えを自分で見つけていくこと、話をよく聴いてもらうことと思っている人がいるかもしれませんが、それは表面的なことに過ぎません。コーチングの肝は、自分の力を信じてかかわってもらうことです。

コーチングは「クライアントはもともと完全な存在であり、自ら答えを見つける力を持っている」(”The client is naturally creative, resourceful and the whole.”)という考えをベースにしています。コーチは相手が力を持っている存在であると信じてかかわるのです。

もし、あなたに一人でも自分の力を信じてかかわり続けてくれる人がいたらどうでしょう? これまでにも親や先生、上司からそんなかかわりを受けたことがあるかもしれません。人生をマラソンにたとえれば、あなたが走る横で常に声援を送ってくれる人がいるようなものです。それはあなたを勇気づけてくれるでしょう。

性格を変えるきっかけとなる改善方法は?

もし、コーチが見つからなくても、まずはあなたが自分自身のコーチになってあげましょう。たとえば、毎晩、小さなことでいいので、今日1日でうまくいったこと、うまくできたことをノートに書いてみてください。当たり前だと思うことでもかまいません。「今日とにかく1日乗り切った」ということでもいいでしょう。とにかく、自分にダメ出しではなく、力づけるメッセージを与えてあげるのです。

自分のできなかったことではなく、できたことに焦点を当てる。自分の嫌いなところではなく、好きなことに焦点を当てる。そんなことを続けていく中で、いつの間にかあなたの性格は変わり始めます。ただし、変わるといっても、あなたが全く別の性格になるわけではありません。これまでマイナス面しか見ていなかった性格のプラス面を見始めるのです。

「おとなしい」は「思慮深い」、「おっちょこちょい」は「機敏な」、「派手な」は「花がある」などなど、どんな性格でも裏と表があります。自分の性格を嫌っているときは裏ばかりが目立ちますが、それを受け入れると表が目立ってきます。

■ コーチをつけて、コーチングを受ける
■ 毎晩、1日でうまくいったこと・できたことをノートに書く


性格を直したいという人はぜひやってみてください!

【関連書籍】
コーチング・バイブルー本質的な変化を呼び起こすコミュニケーション(東洋経済新報社)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。