さまざまな角度から、あなたの目標を磨き上げていく6ステップ。今回はその後編です。各ステップにはそれぞれ問いがあり、それを自分に問いかけるだけです。さあ、あなたの目標をピカピカにしていきましょう。

《CONTENTS》●自分の目標を書いてみましたか?(1P目)第4ステップ:望む状態の特徴を挙げて目標を立てる(1P目)第5ステップ:自分が持つ資質を伸ばしていく目標を立てる(2P目)第6ステップ:すでに望む状態を達成したとして目標を立てる(2P目)

あなたの目標を磨き上げる6ステップ・前編

自分の目標を書いてみましたか?

実際に書いてみることが大事です
さて、目標を磨き上げる6ステップの後編です。前編では、最初の3ステップをご紹介しました。

■第1ステップ:あなたが抱える問題を否定した目標を立てる
■第2ステップ:あなたが抱える問題と正反対の目標を立てる
■第3ステップ:具体的なモデルとなる人を挙げて目標を立てる

実際に自分の目標を立ててみましたか? まだやっていない人はほんの数分でも時間をとって、次の3つの質問に対する自分の答えを紙に書いてみてください。

●「あなたがやめたいこと、避けたいことは何でしょう?」
●「やめたいこと・避けたいことの代わりに、あなたが望むことは何ですか?」
●「あなたが望む状態をすでに達成している人は誰ですか?」

準備はいいでしょうか? それでは、次の第4ステップに入っていきましょう。

第4ステップ:望む状態の特徴を挙げて目標を立てる


「あなたが望む状態の特徴は何ですか?」

これが第4ステップの問いです。

第3ステップでは、あなたが望む状態をすでに達成している人を挙げることで、望む状態がかなり明確になったと思います。今度は、その明確になった状態の特徴を挙げていくのです。

第3ステップで出てきた人を思い浮かべてみましょう。その人はどんな特徴を持っているでしょう? ありありと想像しながら、その人の一挙手一投足を観察してみてください。

前回の例として取り上げた、「引き締まった身体」をすでに達成している元サッカー日本代表の中田英寿さんで考えてみましょう。どんな特徴を持っているでしょう?

● 毎日、ストイックにスポーツジムで鍛錬している
● 新しいことに挑戦したり、行ったことがない場所を訪ねている
● 諦めずに最後まで走り続ける

あなたが望む状態の特徴を出すことで、自分が何を望んでいるのかがさらに明確になっていきます。ただ、どうしても自分自身の経験からは離れていってしまいがちなので、それを実際に達成できるかの保証は難しくなります。

それでは、さらに第5・第6ステップに移っていきましょう。

目標を磨き上げる最終ステップは? 次ページへ>>