「会議をもっと実のあるものにしたい」。そう思っていても、ズルズルと現状のやり方が続いてしまっている。そんな人は多いのではないでしょうか? しかし、諦めるのはまだ早いです。ほんの少しの工夫が会議を変える可能性があるのです!

《CONTENTS》●5分間の「複利の魔術」(1P目)●会議全体を見る目を養おう(1P目)●まずはちゃんと自分を知ること(2P目)●録画・録音してみましょう(2P目)

5分間の「複利の魔術」

「複利の魔術」を活かそう!

1日が終わって眠りにつく前に、ほんの5分間でも1日を振り返って、そこから学んで明日につなげる人。ただ漫然と毎日を過ごしている人。1日5分のほんの違いが、この2人の人生を大きく違ったものにします。

「複利の魔術」と言われますが、ほんのわずかな成長でもそれが重なると大きなものなっていきます。例えば、1日5分の振り返りによって毎日1%の成長をするとしましょう。単純に計算すると2人の違いは1年後には30倍以上になるのです。

これは極端な例かもしれませんが、1日の進歩はほんの少しでも、それが毎日起きることでとてつもなく大きな結果になるのは事実なのです。

会議でも同じことが言えます。ほんの少しでもいいので、毎回の会議の経験を「学び」に変えていくことが、結果的に大きな変化を創りだします。だから、最後の5分間は会議自体を振り返る時間にしましょう。

会議全体を見る目を養おう


簡単なやり方としては、口頭で参加者から「この会議でよかったこと・さらに改善したらいいこと」を言ってもらう。もしくは、紙に書いてもらって回収するという方法があります。どちらにもメリット・デメリットがあるので、会議の振り返り方法についても、試しながら自分なりに改善してみてください。

また、このような振り返りの時間を持つことは、会議自体が進化するだけでなく、参加者の意識へも進化をもたらします。会議の振り返りを行うことで、参加者は会議全体を見る目を養っていくことができるのです。

会議全体を見る目を持つことで、参加者は会議の途中でも問題点に気づき、自己修正ができるようになってきます。こうなればしめたものです。会議の変革を志す、あなた一人ががんばらなくても、他の人の協力を得ながら会議変革を進めることができるようになるのです。

もっと本格的に会議を振り返りたい人は 次ページへ>>