前回は中古マンション購入の際の建物や管理に関するチェック項目をお伝えしました。今回は実際に買うと心づもりを決めた際の購入のポイントについて解説します。

実は人としての印象がとても大事

交渉には印象が大事。一方的にならない会話のキャッチボールを心掛けて
以前メールマガジンでもお伝えしましたが、条件はぴったりだったにもかかわらず、実際に中古マンションの購入をやめたり、売却をやめたりした方々にインタビューを行ったところ、一番大きな理由として上がっていたのは「売主・買主の印象が悪かった」という理由でした。

とくに入居中の物件の場合には、見学の際に売主が同席する場合が多いもの。物件をチェックするだけではなく、売主に実際の住み心地を聞いてみたり、ご近所付き合いに関して聞いてみたりするのはもちろんのこと、その際のやりとりには好印象を心掛けましょう。意外にもこの印象が後々の契約内容にまで影響することがあるというのも事実です。

そもそも見学の日時に遅れてきたり、ドタキャンしたり、横柄な態度をとったり、物件のチェックの際には居住者の許可も取らずに収納を開けたり、批判や不満点ばかりを言ったりするのはマナーに違反します。

まずはお互いのきちんとした対応が交渉をスムーズに進める、ということを肝に銘じておきましょう。

きちんと買う意志を表明してから交渉に入ろう

いきなりの直球勝負で「この物件はどのくらい安くなるのか?」という交渉から始める買い手も少なくないようですが、このやり方は、先ほど述べた「買い手の印象」という部分からもリスクをはらんでいるといえます。

確かに、価格が大きな購入のファクターではあると思いますが、まずはきちんと「購入したい」という意思表示をしてから交渉を始めましょう。

「○月までに入居したい」「この部分は修理してほしい」など、要求は多々発生するはずです。その際には、理由を明確にしておくと交渉もしやすいもの。例えば「4月の転勤に向けての買い替えなので3月中旬までに入居したい」など。また、譲歩の条件もあらかじめ算段を付けておきたいもの。入居時期を優先して売主に負担を掛ける分、本来要求したい修繕費に関しては折半する、などです。

気に入ったのに予算が合わず交渉する際も同様です。「リフォーム込みでこの予算で考えていたので」「入居時期にはこだわらないので」「設備の修繕は自分達でやるのでその分下げてほしい」など、譲歩する条件などをなるべく具体的に提示したうえで交渉するのが得策です。

とはいえ、人気物件で交渉には応じてもらえないことや、無条件に提示価格で買うというほかの買い手がいる場合にはそもそも交渉は難しいので、その点も注意しておきたいものです。

【関連記事】
気をつけたい!中古マンションチェック法
気になる売却価格。どうやって決まる?

次のページでは、最終の確認ポイントを具体的に紹介します。